藤田俊哉の日欧蹴球比較論BACK NUMBER

ジダン、ロナウドは練習から別次元。
藤田俊哉が受けたレアルの衝撃。 

text by

藤田俊哉

藤田俊哉Toshiya Fujita

PROFILE

photograph byToshiya Fujita

posted2017/06/28 11:00

ジダン、ロナウドは練習から別次元。藤田俊哉が受けたレアルの衝撃。<Number Web> photograph by Toshiya Fujita

カーディフでの決戦はもちろんだが、試合までにレアル・マドリーが歩んだプロセスがさらに興味深かったのだという。

サッカーにおいて「ボールを蹴る」技術は全ての基本。

 他にも世界最高峰であるCL決勝を戦う選手達のトレーニングから、あらためて気づかされたことがたくさんあった。

 つい忘れがちになるが、サッカーにおいて「ボールを蹴る」技術は全ての基本になる。「ファーストコントロールでのボールの置き所」、「走りのフォームやスプリント力とそのタイミング」。このようなポイントを整理し精度を高めること。

 それらをチーム戦術にどう繋げていくのか。そんなことを自問自答しながらカーディフを後にした。あの日から今日に至るまで、頭の中はフットボールのことばかりだが、CLから感じたものは大きい。

 日本に一時帰国している今はJリーグをはじめ、日本のサッカーをたくさん見ている。

 いつの日かクラブワールドカップ決勝で、Jリーグクラブがカップを掲げられるようになるには、そこから逆算して「今できることの全てに全力でトライする」必要がある。

 CL決勝、そしてロナウドからは、そんな強烈なメッセージを受けた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
クリスティアーノ・ロナウド
ジネディーヌ・ジダン
レアル・マドリー
ユベントス
藤田俊哉
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ