欧州サッカーのサムライたちBACK NUMBER

なぜ槙野智章は帰国を決断したのか?
志半ばでドイツを去る無念と覚悟。 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byBongarts/Getty Images

posted2012/01/16 10:30

なぜ槙野智章は帰国を決断したのか?志半ばでドイツを去る無念と覚悟。<Number Web> photograph by Bongarts/Getty Images

「恩師であるペトロビッチ監督の下、ドイツでの経験を活かし、浦和レッズの選手とスタジアムを埋め尽くす浦和サポーターの皆さんと共にチームの勝利に貢献したいと思います」とコメントを発表した槙野智章

 ケルンを離れ浦和入りが内定し、槙野智章は慌ただしい日々を送っていた。

 片言のドイツ語で行う日常生活にまつわる事務手続きに始まり、遠く日本への引っ越し準備、お世話になった方々への挨拶、報道を受けて電話をかけてくる仲間たちへの報告と決意表明……紆余曲折を経たものの、現時点ではケルンの戦力外となってこの街を去ることについては、名残惜しさを口にしていた。

「ケルンっていう街が大好きだった。お店もいっぱいあって便利だし、暮らしやすいし、街の人も、みんなとても親切だったし楽しかったな……」

今季前半最終戦でようやくチャンスが巡ってきたが……。

 昨季、冬の移籍期間にケルン入りしてから今季前半戦までで、槙野に与えられたチャンスは数えるほどしかなかった。

 そんな状況のなか迎えた12月16日、最後のチャンスともいえる前半最終戦であるバイエルンとの試合で、槙野は前半途中から80分弱プレーし、好パフォーマンスを見せた。既に、槙野(だけではなく複数の選手)が役に立っていないのではないか、という移籍期間を見据えたあからさまな不要論がドイツメディアをにぎわしている時期ではあった。実際に、クラブ内でも放出リストに上がってもいた。だが、この日の好プレーにより、クラブ幹部からは

「ジェマル(チュニジア代表でアフリカネーションズカップに参加する)がいない間にレギュラー奪取のチャンスもあるぞ」

 と、ポジティブな言葉をかけられてもいたのだ。そもそも移籍そのものに抵抗を感じる槙野にとっては、願ってもないことだった。

 だが、そこで槙野は一度立ち止まって悩むことにしたのだ。そして、思い切って自らの意思で自らの行く末に結論を出すことにした。

「(ジェマル不在の)1、2カ月のために残留することもない。やっぱり、移籍しよう」

 1月のポルトガルキャンプには同行せず、移籍への準備を進めることとなった。

【次ページ】 なぜ槙野はソルバッケンに評価されなかったのか?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

槙野智章
ケルン
浦和レッズ
ストール・ソルバッケン
フォルカー・フィンケ
ミハイロ・ペトロビッチ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ