話が終わったらボールを蹴ろうBACK NUMBER

倉田、今野、井手口が光った10分間。
ガンバ3人衆は代表の中盤を変える? 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2017/06/11 09:00

倉田、今野、井手口が光った10分間。ガンバ3人衆は代表の中盤を変える?<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

豊富な運動量を生かしてボールの受け手となる倉田。そのダイナミズムはG大阪の選手と組むことで、さらに連動したものとなるはずだ。

「代表ではどんな選手とでもやれるように……」

 ボールを回して揺さぶりつつ、縦パスで攻撃のスイッチを入れる。いつもガンバでやっているようなプレーを代表でも見せられれば戦術的にも広がりが出て、相手を追い詰める武器になる。

 彼らが1分間でも長くプレーし、さらに得点を決めて勝利していれば、指揮官にその効果を見せることができただろう。今後、彼らが結果を積み重ねていけば、ポゼッションも併用した深みのあるサッカーが実現可能になるかもしれない。

 迎えるイラク戦、3人が一緒にピッチに立てる可能性はそれほど高くはないだろう。

「3人が一緒に出るのは楽しかったけど、代表ではどんな選手とでもやれるようにならないとあかんと思う」

 倉田の言葉はごもっともだ。

 ただ、だからこそガンバユニットが揃ったタイミングが訪れたときこそ、常連のメンバーとの違いを見せてほしい。3人を軸としたパスワークでリズムを作れば、周囲にも上手い選手がいるので、より面白い崩しができる。そうして結果を出してガンバユニットがチームの新たなオプションになれば、チームはより強みを増していくはずだ。

関連記事

BACK 1 2 3
倉田秋
今野泰幸
井手口陽介
ガンバ大阪
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ