“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

伝説のプレーが生まれる大会――。
全国高校サッカー、この選手を見よ! 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2015/12/29 11:30

伝説のプレーが生まれる大会――。全国高校サッカー、この選手を見よ!<Number Web> photograph by Takahito Ando

市立船橋の10番・永藤歩は168cm、65kgと小柄ながら驚異的なアジリティを誇る。

1年生プレーヤーもあなどれない!

 京都橘はユース年代全体の中でもトップクラスの目玉選手になっているFW岩崎悠人を軸に、GK矢田貝壮貴、ドリブラーの堤原翼と、2年生の注目選手が揃う。さらにガンバ大阪ジュニアユースからやってきた背番号10のFW梅津凌岳、ボランチの内田健太を始め、1年生がスタメンに4人も名を連ねている。

 桐光学園はU-18日本代表のエースストライカーでもあり、ジュビロ磐田に入団が内定しているFW小川航基が注目だが、182cmの高さを誇り、ずば抜けた身体能力を持つ左サイドバックのタビナス・ジェファーソン、センス抜群の左MF西川公基、トップ下のテクニシャン・鳥海芳樹など、2年生がスタメンに5人も名を連ねている。

 國學院久我山もFW澁谷雅也、MF名倉巧ら2年生が屋台骨となり、守護神も1年生の平田周が務めている。

 下級生で言えば、個人的には鹿児島城西の1年生CB生駒仁に注目をしている。185cmの高さを誇り、対人プレーもルーキーとは思えない落ち着きがある。将来化けるかもしれない逸材の一人だ。

今挙げたチーム、選手以外にも面白い存在はいる。ここでは書ききれなかったが、それをその目で見て感じてもらいたい。
選手権はただの「祭典」ではない。ここからブレイクスルーしていく選手達の「登竜門」でもあるのだ。
かつての本田圭佑(ACミラン、星稜出身)、岡崎慎司(レスター、滝川第二出身)、柴崎岳(鹿島アントラーズ、青森山田出身)たちのように――。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
椎橋慧也
永藤歩
鍬先祐弥
藤川虎太朗
廣末陸
高橋壱晟
住永翔
野田裕喜
一美和成
餅山大輝
中村健人
脇野敦至
市立船橋高校
青森山田高校
星稜高校
桐光学園高校
東福岡高校
大津高校
京都橘高校
國學院久我山高校

高校サッカーの前後の記事

ページトップ