“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

突然呼ばれた面談室「何で俺が?」。
J1川崎が見込んだ静学・田邉秀斗。

posted2020/08/13 15:30

 
突然呼ばれた面談室「何で俺が?」。J1川崎が見込んだ静学・田邉秀斗。<Number Web> photograph by Takahito Ando

昨年の選手権では先輩・松村優太(鹿島)をサポートし、24年ぶりの優勝に貢献。J1川崎は当時から田邉を注目していたという。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 昨年度の全国高校サッカー選手権大会、名門・静岡学園高校が24年ぶりとなる2度目の優勝を手にした。すでに鹿島アントラーズ入りを決めていたエースMF松村優太のドリブルなど技術の高さを生かした攻撃サッカーは、“王国復活”を印象付ける同校初の単独優勝だった。

 10番を背負った松村には否応なく大きな注目が集まったが、同時にその後方で異彩を放つ2年生サイドバックにも視線が集まった。

 田邉秀斗。180cmの高さ、スピード、豊富な運動量、そして強度の高いスプリントの中で冷静に状況を把握して判断を変えられる思考の速さ。サイドバックとして必要な能力を持ち、将来さらに化けるポテンシャルを秘めた新星だ。

 8月13日、最高学年となった田邉は先輩・松村の後を追うようにJリーガーになった。来季、川崎フロンターレへ加入内定を勝ち取ったのだ。

「まさか自分にフロンターレさんから声がかかるとは思っていませんでした」

 それは彼にとって予期せぬ出来事だった。

田邉も驚いた川崎からのオファー。

 2月上旬、授業を受ける田邉のもとにサッカー部の川口修監督がやって来た。この日は部活がオフのはずだったが、「今日、フロンターレのスカウトの向島(建)さんが来るから放課後に面談室に来てくれ」と告げられた。

「最初は意味が分かりませんでした。向島さんとは選手権の時にご挨拶をしていたくらいだったので。なぜいきなり学校に来て僕と会うことになったのか。『もしかしてフロンターレに練習参加させてもらえるかも?』と期待する自分がいれば、『いやいや、さすがにそれはないだろう』と思う自分もいて。頭の中で行ったり来たりしていました」

 面談室に向かうと、すでに川口監督と向島スカウトが席に着いていた。

「松村さんも何回か(鹿島の)練習に参加した上で内定を決めていましたし、そうやって話が進むものだと思っていたので、いきなり向島さんから『ぜひ来てほしい』と具体的なお話をいただいたことには驚きました。(この時点で)正式オファーになっていることにもうついていけなくて……。

 もちろんずっとプロになりたいと思っていましたが、まだ自分の実力は到底及ばないと感じていたし、そもそもプロなんて簡単に口に出していいものではないと思っていたので、信じられませんでした」

 面談室を出た時、ぎゅっと握りしめていた手は汗でびっしょり。すぐに親に電話をして報告すると、「行く気があるなら決めなさい」と言葉をもらった。田邉はすぐに回答を川口監督に伝えた。国内トップレベルの環境へ飛び込むことに躊躇はなかったと振り返る。

【次ページ】 中学時代は無名、県トレセンも選ばれず。

1 2 3 4 5 NEXT
田邉秀斗
川崎フロンターレ
静岡学園高校
松村優太
大島僚太
長谷川竜也
旗手怜央

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ