Jをめぐる冒険BACK NUMBER

ナビスコ決勝は浦和有利の下馬評も、
策士ネルシーニョに“奇策”の気配。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/11/01 10:30

ナビスコ決勝は浦和有利の下馬評も、策士ネルシーニョに“奇策”の気配。<Number Web> photograph by AFLO

天皇杯を優勝、今年のACLでも日本勢最高のベスト4とトーナメントでの戦いに強さを見せるネルシーニョ。ナビスコ決勝にも、奇策を用意しているのだろうか。

浦和が圧倒するか、ネルシーニョの奇策が出るか。

 ちなみに昨年も、ナビスコカップ決勝と直前のリーグ戦が決勝と同じ鹿島と清水の顔合わせになった。

 リーグ戦ではアウェーの清水が2-1で勝利し、反対に、ファイナルでは延長に突入した激戦を鹿島が2-1で制し、栄冠を手に入れた。

 前哨戦のあと、清水の大前元紀は「1週間後も鹿島が同じ戦い方をしてくるとは限らないし、同じミスをするとも思えない」と警戒心を強めていたが、実際、鹿島はスタメンを3人(本山雅志→興梠、ドゥトラ→本田拓也、新井場徹→昌子源)も入れ替えたうえ、ボランチの柴崎岳を2列目で起用する奇策を仕掛けた。

 この時点で昌子はリーグ戦での先発経験がゼロだった。しかも本来のセンターバックとは異なる左サイドバックでの起用だったが、「大前封じ」というミッションをしっかりこなし、陰のMVPとも言える働きを見せた。

 一発勝負の大舞台では、時として、こうした大胆な策が吉と出るという好例だろう。

 ナビスコ杯準決勝の第2戦で川崎を下した浦和の素晴らしいパフォーマンスに衝撃を受けた者としては、相手を圧倒するあのサッカーを晴れの舞台でもう一度見てみたい気がする。

 だが一方で、策士ネルシーニョに「あっ」と驚かされたい気持ちがあるのも事実だ。決勝直前のリーグ戦が前哨戦になるという日程の妙によって、ファイナルを迎えるまでの楽しみが倍増したのは間違いない。駆け引きは、すでに始まっている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ネルシーニョ
柏レイソル
浦和レッズ
槙野智章
柏木陽介
工藤壮人
原口元気
大谷秀和
レアンドロ・ドミンゲス
茨田陽生
田中順也
阪野豊史
近藤直也
興梠慎三
森脇良太
橋本和
那須大亮

Jリーグの前後の記事

ページトップ