野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

オープン戦を追っかけたマニアに訊く、
セ・パ12球団「ウチのイチ押し」。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/03/26 10:31

オープン戦を追っかけたマニアに訊く、セ・パ12球団「ウチのイチ押し」。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

昨シーズンの打率は.247ながら、出塁率で.353を誇っている丸。「今年は打ちにいくこと、振りにいくことを第一に考えたい。その延長で見極めて四球なら」と春季キャンプでコメントしている。

 WBCの熱気も冷めやらぬ昨今、気が付けば甲子園ではセンバツがはじまり、東京では桜舞い散る花吹雪。挙句の果てには、今週末にはもう2013年のペナントレースが開幕である。

 春ともなれば進学、就職、転勤、転職、花粉症、「単に外に出たくない」等々、何かと忙殺されがちな季節。そこに加えて今年はWBCがあったため、オープン戦をまったくチェックできていない人も多いとか。野球界はちょっと見ない間に「誰だこれ?」という選手が出てくるのが常。いつまでも“世界No.1指名打者”=井端弘和という概念のまま開幕を迎えては、ペナントを観るのに支障が出ることは間違いないので、頭を日本野球に戻すためにも、世間的にはあまり注目されなかったオープン戦の結果を振り返ってみようと思う。

 先週終わったオープン戦の順位はこのようになった。

1位 巨人
2位 広島
3位 福岡ソフトバンク
4位 東北楽天
5位 阪神
6位 横浜DeNA
6位 埼玉西武
6位 東京ヤクルト
6位 北海道日本ハム
10位 千葉ロッテ
11位 オリックス
12位 中日

主力不在でも盤石な巨人とソフトバンクの強さは本物。

 優勝したのはWBC代表7名を送り出し、投打共に主力級がガッポリ抜けた巨人軍。

 チーム防御率12球団2位の投手陣は、3勝負けなし防御率トップの0.47で開幕投手確定の宮國椋丞、無失点の高木京介ら結果を残す若手投手に加え、ルーキー菅野智之が噂に違わぬ文句なしの投球である。

 同じく6名をWBCに送り出した福岡ソフトバンクもパ・リーグトップの3位。主力なしでのこの結果。ここにスタープレイヤーたる代表組が加わると考えれば……麗らかな春のそよ風も、一瞬で枯葉舞い散る秋風五丈原。戦わずしてペナントの趨勢は決まった感は否めやしない。特にセ・リーグ。

【次ページ】 新戦力への期待感を膨らませるのがオープン戦の目的。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
福岡ソフトバンクホークス
宮國椋丞
高木京介
菅野智之
広島東洋カープ
東出輝裕
栗原健太
エルドレッド
菊池涼介
丸佳浩
永川勝浩
東浜巨
山中浩史
ラヘア
柳田悠岐
中村晃
東北楽天ゴールデンイーグルス
阪神タイガース
藤浪晋太郎
伊藤隼太
横浜DeNAベイスターズ
ブランコ
荒波翔
高城俊人
梶谷隆幸
埼玉西武ライオンズ
永江恭平
金子侑司
大石達也
菊池雄星
オリックス・バファローズ
千葉ロッテマリーンズ
伊東勤
中日ドラゴンズ
中田賢一
山内壮馬
大野雄大
岩瀬仁紀
浅尾拓也
G.G.佐藤
則本昂大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ