モータースポーツ 

<F1 CLIMAX 2017>ホンダが本当になすべきだったこと。

Sports Graphic Number Special

<F1 CLIMAX 2017>ホンダが本当になすべきだったこと。

道半ばにして終焉したマクラーレン・ホンダ。何が間違っていたのか、どうすべきだったのか。苦難に満ちたホンダの3年間を検証す… 続きを読む

今宮雅子Masako Imamiya

有料

2017/11/24

サンパウロの墓参りは欠かさない。今もブラジルGPが繋ぐセナとホンダ。

F1ピットストップ

サンパウロの墓参りは欠かさない。
今もブラジルGPが繋ぐセナとホンダ。

アイルトン・セナとともに数々の栄光を手にしてきた歴史を持つホンダにとって、セナの母国であるブラジルGPは、思い出深いグラン… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/11/19

「別人」になって4度目のF1王者。今年のハミルトンは最高の男だった。

F1ピットストップ

「別人」になって4度目のF1王者。
今年のハミルトンは最高の男だった。

2017年のF1王者に輝いたルイス・ハミルトン。レース後の会見で、今年の勝因を尋ねられると、熟考の末、こう答えた。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/11/02

4度目の王者へ――。ハミルトンの変貌とは。~天才肌のドライバーが身につけた自制心と安定感~

SCORE CARD

4度目の王者へ――。ハミルトンの変貌とは。~天才肌のドライバーが身につけた自制心と安定感~

10月、L・ハミルトンはこれまでできなかったことを二つやり遂げた。マレーシアGPの2位で昨年から20戦連続入賞、自己最高の19戦を… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/10/28

“鈴鹿に14万人しか来ない”なのか?日本GPの意義、問題の根本を考える。

F1ピットストップ

“鈴鹿に14万人しか来ない”なのか?
日本GPの意義、問題の根本を考える。

鈴鹿サーキットで開催された今年の日本GPの観客数が、10月8日の決勝レース日(6万8000人)、3日間合計(13万7000人)でも過去最… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/21

マクラーレン・ホンダ、ラスト鈴鹿!最後まで諦めなかったアロンソの意地。

F1ピットストップ

マクラーレン・ホンダ、ラスト鈴鹿!
最後まで諦めなかったアロンソの意地。

マクラーレンとパートナーを組んで2015年にF1に復帰したホンダにとって、今年の日本GPはマクラーレンと組んで戦う3回目のグラン… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/10

ハミルトンvs.ベッテルと鈴鹿愛。「まるで神の手で作られたような」

F1ピットストップ

ハミルトンvs.ベッテルと鈴鹿愛。
「まるで神の手で作られたような」

「鈴鹿では、近年稀に見る激戦が展開されるだろう」10月1日に行われたマレーシアGP、ルイス・ハミルトンが2位を獲得したメルセデ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/10/05

「超速シーズン」に鈴鹿の最速記録は破られるか。~鈴鹿の優勝者がチャンピオンになる確率、実に7割~

SCORE CARD

「超速シーズン」に鈴鹿の最速記録は破られるか。~鈴鹿の優勝者がチャンピオンになる確率、実に7割~

祝30周年鈴鹿・日本GP。アジア・ラウンド最後の第16戦、マレーシアからの連戦だ。昨年はN・ロズベルグが鈴鹿初勝利を飾り、同時… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/10/03

F1ホンダ提携解消、その本質は。「研究所」と「青山」に距離はないか。

F1ピットストップ

F1ホンダ提携解消、その本質は。
「研究所」と「青山」に距離はないか。

「今回、志半ばでマクラーレンと袂を分かつのは非常に残念ですが、お互いの将来に向けた最善の道として決断しました。これまでマ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/09/24

「速さ」か「粘り」か。個性が激突する王座争い。~ベッテルかハミルトンか、一騎打ちの行方は~

SCORE CARD

「速さ」か「粘り」か。個性が激突する
王座争い。~ベッテルかハミルトンか、
一騎打ちの行方は~

後半戦がベルギーGPから始まり、タイトル争いはフェラーリ/ベッテル対メルセデス/ハミルトンの一騎打ちにほぼ絞りこまれてきた… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/09/14

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。マクラーレンの批判と31年前の危機。

F1ピットストップ

“愛されるホンダ”は生き残れるのか。
マクラーレンの批判と31年前の危機。

イタリアGPが開催されるモンツァは、ホンダにとって忘れることができない思い出が詰まったサーキットだ。史上最強と謳われたマク… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/09/10

F1チームの急成長には日本人あり?ドライバー不在もエンジニアが活躍。

F1ピットストップ

F1チームの急成長には日本人あり?
ドライバー不在もエンジニアが活躍。

「あるチームが突然、速くなったら、日本人エンジニアが加入したと思え」 2014年から3連覇しているメルセデスのスポーティングデ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/08/27

ファンの心をつかんだライコネンのチームプレイ。~ベッテルを支え、ハミルトンを押さえたブロック走法~

SCORE CARD

ファンの心をつかんだライコネンのチームプレイ。~ベッテルを支え、ハミルトンを押さえたブロック走法~

ファン投票で選ばれる「ドライバー・オブ・ザ・デイ」が'16年から始まった。各GPで最も印象的な活躍を見せた者を世界中のファン… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/08/23

F1ライセンス取得条件は厳しすぎ?リザーブドライバー不在に見る問題。

F1ピットストップ

F1ライセンス取得条件は厳しすぎ?
リザーブドライバー不在に見る問題。

夏休み前、最後の一戦となったハンガリーGPで、ちょっとしたハプニングが起きた。ウイリアムズのレギュラードライバーを務めるフ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/08/13

セナ対ピケ、ホンダのバトン優勝……。退屈に見えて名コースのハンガリーGP。

F1ピットストップ

セナ対ピケ、ホンダのバトン優勝……。
退屈に見えて名コースのハンガリーGP。

いまから31年前の1986年、東ヨーロッパで初のF1、ハンガリーGPが開催された。時は東西冷戦が続く時代。鉄のカーテンをこじ開けた… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/07/28

MotoGPの今季前半戦総まとめ。優勝者続出で空前のカオス状態に!

モーターサイクル・レース・ダイアリーズ

MotoGPの今季前半戦総まとめ。
優勝者続出で空前のカオス状態に!

ロードレース世界選手権の最高峰クラスのMotoGPクラスは、昨年、シーズン最多記録となる9人のウィナーが誕生した。 続きを読む

遠藤智Satoshi Endo

2017/07/23

マクラーレンと契約解消? F1撤退?ホンダを巡る不穏な噂の真偽は……。

F1ピットストップ

マクラーレンと契約解消? F1撤退?
ホンダを巡る不穏な噂の真偽は……。

F1の世界では、噂話は日常だ。そんな中、マクラーレンとホンダの関係を巡る噂が後を絶たない。 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/07/15

遺恨と火種があちこちに!? 後半戦の対決図式を読む。~ハミルトン接触事件はF1の勢力図をどう変えるか~

SCORE CARD

遺恨と火種があちこちに!? 後半戦の対決図式を読む。~ハミルトン接触事件はF1の勢力図をどう変えるか~

夏のヨーロッパ・ラウンドから戦いはいよいよ後半戦へ。コース上での熱戦の余波というか、今月3日にFIAがベッテルを召喚し、第8… 続きを読む

今宮純Jun Imamiya

有料

2017/07/14

ル・マンで豊田章男社長が語った、ピット裏に掲げた「日の丸」の意味。

ル・マン24時間PRESS

ル・マンで豊田章男社長が語った、
ピット裏に掲げた「日の丸」の意味。

ル・マンの地で、その男は微笑んでいた。チームを率いる者として、その複雑な感情を世界中の人々に悟られることのないように「あ… 続きを読む

樹本野真波Nomaha Kimoto

2017/07/11

F1王者“体当たり”は過失か故意か? ベッテルとハミルトンに新たな遺恨。

F1ピットストップ

F1王者“体当たり”は過失か故意か?
ベッテルとハミルトンに新たな遺恨。

事件は、6月25日のアゼルバイジャンGPの決勝レースで発生した。セーフティーカー走行中にトップのルイス・ハミルトン(メルセデ… 続きを読む

尾張正博Masahiro Owari

2017/07/01

F1
MotoGP
モータースポーツその他

ページトップ