Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[F1 2021シーズン総括]フェルスタッペンvs.ハミルトン 「全面戦争の果てに」

posted2022/01/09 07:01

 
[F1 2021シーズン総括]フェルスタッペンvs.ハミルトン 「全面戦争の果てに」<Number Web> photograph by Mamoru Atsuta

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph by

Mamoru Atsuta

熾烈なチャンピオンシップ争いを繰り広げた両雄は、全22レースの最終戦最終ラップまで火花を散らし続けた。ホンダのラストイヤーに展開されたこの激闘を複雑に絡み合う2強のライバル関係から振り返る。

 1974年以来、47年ぶりにチャンピオンシップを争う2人が同点で迎えた最終戦アブダビGP。レースはスタートで若きマックス・フェルスタッペン(レッドブル)をかわしてトップに立った7冠王者のルイス・ハミルトン(メルセデス)が終始レースをリードし、勝敗は決したかと思われた。しかし、'21年シーズンの本当のフィナーレは、この後に待っていた。

 レース終盤に導入されたセーフティーカーによって2台の差は一気に縮まり、さらにレースディレクターが両者の間にあった周回遅れのマシンを排除した後にレースを再開すると判断したことで、形勢は一気に逆転。残り1周で再スタートすると、直前にタイヤ交換を済ませていたフェルスタッペンが、そのグリップ力を生かしてハミルトンを抜き去ってフィニッシュ。劇的な勝利で初の王者に輝いた。

 かつてF1の最高責任者を務めていたバーニー・エクレストンはこう言った。

「こんなにエキサイティングなシーズンは、長いレース人生でも経験したことがない」

 ではなぜ、'21年シーズンは最後の1ラップまでこれほど盛り上がったのか。それは、チャンピオンシップ争いを繰り広げたレッドブルとメルセデスの間に、複数のライバル関係が存在し、それぞれが激しく火花を散らす全面戦争となったからに他ならない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2780文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

マックス・フェルスタッペン
レッドブル・ホンダ
ルイス・ハミルトン
メルセデスAMG
バーニー・エクレストン
トト・ウォルフ
クリスチャン・ホーナー
アンドリュー・ショブリン
田辺豊治
フェルナンド・アロンソ

F1の前後の記事

ページトップ