ディディエ・デシャン スポーツ名言

ディディエ・デシャン 

W杯王者の指揮官デシャン告白。「頂点に登り詰めたが、人生は続く」

フランス・フットボール通信

W杯王者の指揮官デシャン告白。
「頂点に登り詰めたが、人生は続く」

『フランスフットボール』誌は、2018年の最優秀監督にディディエ・デシャンを選出した。 続きを読む

レミー・ラコンブ&フランソワ・ベルドネRemy Lacombe et Francois Verdenet

海外サッカー

2019/03/05

「サッカーは非人間的、機械的に」トルシエが語ったロシアW杯前と後。

ワインとシエスタとフットボールと

「サッカーは非人間的、機械的に」
トルシエが語ったロシアW杯前と後。

フランスの2度目の優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップを、フィリップ・トルシエはどう総括したのか――。 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2018/08/13

<'98年レジェンドの逆襲>ディディエ・デシャン「カリスマとバランス感覚と」

Sports Graphic Number Special

<'98年レジェンドの逆襲>ディディエ・デシャン「カリスマとバランス感覚と」

1998年の初優勝以降、幾度も無様に崩壊する姿を見せてきたレ・ブルー。チームを甦らせたのは、20年前の栄光を主将として牽引した… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

有料

2018/07/31

W杯中、仏代表がホテルで大騒動!超一流シェフに抱腹絶倒記者会見も。

フランス・フットボール通信

W杯中、仏代表がホテルで大騒動!
超一流シェフに抱腹絶倒記者会見も。

前回に引き続き、今回も『フランス・フットボール通信』はフランソワ・ベルドネ記者によるロシアW杯のフランス代表取材ノートを… 続きを読む

フランソワ・ベルドネFrancois Verdenet

海外サッカー

2018/07/31

W杯中のフランス代表の日常生活。メディア戦争、金、そして家族愛。

フランス・フットボール通信

W杯中のフランス代表の日常生活。
メディア戦争、金、そして家族愛。

フランスの優勝で幕を閉じたロシアW杯だが、『フランス・フットボール』誌が現地に派遣したのは記者ふたりに過ぎない。 続きを読む

フランソワ・ベルドネFrancois Verdenet

海外サッカー

2018/07/29

トルシエは仏代表に厳しい評価!?「効率的だが愛されないチーム」

ワインとシエスタとフットボールと

トルシエは仏代表に厳しい評価!?
「効率的だが愛されないチーム」

フランスの優勝でロシア・ワールドカップが幕を閉じてからすでに1週間が過ぎた。その間に、新しい世界チャンピオンへの評価は賛… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2018/07/24

フランスの戴冠と多民族融合。デシャンが推進した化学反応。

スポーツ・インサイドアウト

フランスの戴冠と多民族融合。
デシャンが推進した化学反応。

ロシア・ワールドカップが終わった。予想よりもずっと面白い大会だった。サプライズをもたらした国がいくつかあり、衰亡を感じさ… 続きを読む

芝山幹郎Mikio Shibayama

海外サッカー

2018/07/21

W杯優勝は20年ぶり2度目の偉業!個が組織の中で輝いた若きフランス。

ロシアW杯PRESS

W杯優勝は20年ぶり2度目の偉業!
個が組織の中で輝いた若きフランス。

主人公として描きやすかったのは、クロアチアの方だったかもしれない。華奢で小柄なキャプテンに導かれた東欧の小国が、ギリギリ… 続きを読む

原山裕平Yuhei Harayama

海外サッカー

2018/07/16

フランス代表の黄金時代、始まる――。クロアチアに勝った“ディテール”とは?

ロシアW杯PRESS

フランス代表の黄金時代、始まる――。
クロアチアに勝った“ディテール”とは?

ロシアW杯で最後のホイッスルが、モスクワのルジニキ・スタジアムに鳴り響いた。青を基調としたユニフォームが爆発的な歓喜に包… 続きを読む

戸塚啓Kei Totsuka

海外サッカー

2018/07/16

「本命フランスは間違いない」決勝&準決勝をトルシエが分析。

ワインとシエスタとフットボールと

「本命フランスは間違いない」
決勝&準決勝をトルシエが分析。

ベルギー対フランス。事実上の決勝と言われた大一番を制したのは、不利と見られたフランスだった。どうしてフランスは、チーム力… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2018/07/13

フランスの女子サッカー代表監督が、代表チーム構築の要諦について語る。

フランス・フットボール通信

フランスの女子サッカー代表監督が、
代表チーム構築の要諦について語る。

皆さんはコリンヌ・ディアクルを覚えているだろうか?以前(2017年2月6日配信)この欄でも紹介した、フランス(恐らくヨーロッパ… 続きを読む

フランク・シモンFrank Simon

海外サッカー

2018/01/30

ロシアW杯で優勝するのは仏代表だ!最強軍団を率いる監督デシャンの苦悩。

フランス・フットボール通信

ロシアW杯で優勝するのは仏代表だ!
最強軍団を率いる監督デシャンの苦悩。

この夏、1億8000万ユーロ(来季完全移籍の場合)でモナコからパリ・サンジェルマンに移籍したキリアン・ムバッペ(18歳)をはじ… 続きを読む

パトリック・ウルビニPatrick Urbini

海外サッカー

2017/09/21

ハリルホジッチは2度も得点王に!栄光の1983年、ナントのイレブン達。

フランス・フットボール通信

ハリルホジッチは2度も得点王に!
栄光の1983年、ナントのイレブン達。

『フランス・フットボール』誌は、毎号の巻末に「彼らは今どうしているか?」という連載を掲載している。歴史に残るチームをひと… 続きを読む

ロベルト・ノタリアニRoberto Notarianni

海外サッカー

2017/08/17

デルピエロが1996年のユーベを語る。同僚が次々と名監督に。彼の意思は?

Number Ex

デルピエロが1996年のユーベを語る。
同僚が次々と名監督に。彼の意思は?

「コンテは“マニアカーレ”だな」取材中のアレッサンドロ・デルピエロは、プレミアリーグを席巻している元チームメイトの指揮官… 続きを読む

手嶋真彦Masahiko Tejima

海外サッカー

2017/02/13

名門マルセイユは代表以上に過酷!?酒井宏樹が醸す、非情のオーラ。

“ユース教授”のサッカージャーナル

名門マルセイユは代表以上に過酷!?
酒井宏樹が醸す、非情のオーラ。

厳しい批判は真摯に受けとめ、自身のプレーに昇華させる――。日本代表DF酒井宏樹は、今自身のキャリアの中でもかなり貴重な経験… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2016/09/09

EUROのサッカーは標準化しているか。抗うのはドイツ、スペインら数カ国。

ひとりFBI ~Football Bureau of Investigation~

EUROのサッカーは標準化しているか。
抗うのはドイツ、スペインら数カ国。

標準化、多様化、固有化――。ヨーロッパの代表チームはこの先、どの道へ突き進むのか。ベスト8が出揃った今大会のEURO(ヨーロ… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

2016/07/01

1位通過も、内容は期待から程遠い。フランスのEUROグループリーグ総括。

ワインとシエスタとフットボールと

1位通過も、内容は期待から程遠い。
フランスのEUROグループリーグ総括。

フランス代表が、EURO2016のグループリーグ1位通過を果たした。予想通りの結果とはいえ、内容は期待からは程遠い。初戦のルーマ… 続きを読む

田村修一Shuichi Tamura

海外サッカー

2016/06/23

ドイツ対フランスは「蛇とマングース」?個性が逆転した“天敵”同士の激突。

ブラジルW杯通信

ドイツ対フランスは「蛇とマングース」?
個性が逆転した“天敵”同士の激突。

ベスト8へ通じるドアを押し開いたのは、やはり海千山千の強国だった。8試合中、実に5試合が延長にもつれ込む激戦の連続だったが… 続きを読む

北條聡Satoshi Hojo

海外サッカー

2014/07/04

ページトップ