Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<'98年レジェンドの逆襲>ディディエ・デシャン「カリスマとバランス感覚と」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byEtsuo Hara

posted2018/07/31 16:30

<'98年レジェンドの逆襲>ディディエ・デシャン「カリスマとバランス感覚と」<Number Web> photograph by Etsuo Hara
 1998年の初優勝以降、幾度も無様に崩壊する姿を見せてきたレ・ブルー。チームを甦らせたのは、20年前の栄光を主将として牽引したカリスマだった。

 ディディエ・デシャンという監督を語るうえで欠かせない要素がふたつある。ひとつはデシャンがプラグマティスト(実践主義者)であること。もうひとつはデシャン自身の持つ強いカリスマ性とリーダーシップである。

 前者については、彼の理念と哲学がそれをよく表している。

「試合の前にまず考えるのは、どうすれば相手にとって最も危険になり、彼らを困難な状況に陥れられるかということで、そこから自分のチームのバランスを取っていく」とデシャンは言う。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ディディエ・デシャン
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ