Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[60年ぶりの連覇ならず]フランス「翻弄されたレ・ブルーと誇り高きエムバペ」

posted2022/12/22 07:01

 
[60年ぶりの連覇ならず]フランス「翻弄されたレ・ブルーと誇り高きエムバペ」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

開幕前には主力が相次いで離脱し、大会中は体調不良に悩まされた。それでも前回王者は、指揮官の采配と若きエースの爆発で意地を見せた。連覇まであと一歩と迫ったトリコロールが、この大会で得たものとは。

「われわれはエネルギーの面で(アルゼンチンに)劣っていた。理由はいろいろあるが、困難な状況が様々な後悔を生んだ」

 アルゼンチンとの決勝の後、記者会見に現れたディディエ・デシャン・フランス代表監督は、淡々とした表情でそう語った。フランスはアルゼンチンに延長・PK戦の末に敗れ、1958・'62年のブラジル以来となる史上3度目のワールドカップ2連覇の偉業達成を逃した。

「素晴らしい大会だったが、最後の瞬間に幸運はわれわれに微笑まなかった。目標に限りなく近づきながら、それに触れることができなかった。さまざまな感情が去来し、最後に残ったのは悲しさだった」

 決勝のフランスは、明らかに変調をきたしていた。試合前、通路に整列したときから、アルゼンチンのリオネル・メッシ主将がリラックスしたしぐさを見せているのに対し、ユーゴ・ロリス主将の表情は強張っていた。そして試合が始まってからも、動きがぎくしゃくしていつものスムーズさと強度がない。アルゼンチンの選手たちが、気力を前面に出しながらフランスに圧力をかけてくるのとは対照的だった。

「よくなかった理由はいくつかある。何人かの主力選手のエネルギーが足りなかった」とデシャンは言うが、フランス代表はチーム全体が健康状態の問題を抱えていた。コロナともインフルエンザとも言われているが、詳細は明かされていない。それでも前日練習には、怪我で出場不能のカリム・ベンゼマとリュカ・エルナンデスを除く全員が顔を揃え、問題は解決したかに見えたのだが……。デシャンが続ける。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2626文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ディディエ・デシャン
リオネル・メッシ
ユーゴ・ロリス
キリアン・エムバペ
オリビエ・ジルー
ウスマン・デンベレ
キングスレー・コマン
ラファエル・バラン
テオ・エルナンデス
ジュール・クンデ
オーレリアン・チュアメニ
アドリアン・ラビオ
アントワン・グリーズマン
ロドリゴ・デパウル
カタールW杯
ワールドカップ
ロシアW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ