著者プロフィール 

氏原英明Hideaki Ujihara

1977年ブラジル生まれ。奈良大学を卒業後、地方新聞社でのアルバイト勤務を経て、フリー活動を開始。高校野球を中心に活動を続けるが、野球を通じた人間性、人生観を伝え続け、Numberのほかに野球専門誌で活躍。WEBの世界でも「人間力×高校野球」(高校野球情報.com)と題したコラムを連載している。最新刊は2018年夏に上梓された『甲子園という病』(新潮新書)。長年にわたる甲子園取材の知見を凝縮した筆者渾身の一冊としてスポーツジャーナリズム界を超えて話題に。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
強打・履正社が最後に見せた緻密さ。奥川恭伸を崩した「大事なバント」。

野球善哉

強打・履正社が最後に見せた緻密さ。
奥川恭伸を崩した「大事なバント」。

これが併殺打になるのか。2点リードの9回裏、1死一、二塁。星稜の3番・知田爽汰のセカンドゴロは併殺打になった。履正社が初優勝… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/22

履正社を強くした奥川恭伸の衝撃。春は17三振、夏決勝で運命の再会。

野球善哉

履正社を強くした奥川恭伸の衝撃。
春は17三振、夏決勝で運命の再会。

怖い、怖い。怖いくらいにシナリオができている。夏の大会では初めてとなる決勝の舞台に挑む履正社のことだ。「今年のセンバツで… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/21

高校野球の控え投手の価値を上げた。中京学院大中京がなしとげた革命。

野球善哉

高校野球の控え投手の価値を上げた。
中京学院大中京がなしとげた革命。

止まらなかった。 あの手この手で状況を打開してきた中京学院大中京・橋本哲也監督だったが、この日は効力を欠いた。 準決勝第2… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/20

奥川恭伸の準決勝回避を提案する。「万全の中4日で決勝」という理想。

野球善哉

奥川恭伸の準決勝回避を提案する。
「万全の中4日で決勝」という理想。

「休んどけ、休んどけ」 ベンチでは、そんな声がエースには向けられたという。 3回戦の智弁和歌山戦で165球を投げてチームをベス… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/19

作新学院・捕手、配球に悔いなし。小林誠司のように、満塁被弾を糧に。

野球善哉

作新学院・捕手、配球に悔いなし。
小林誠司のように、満塁被弾を糧に。

あの日と似た空気が甲子園を包んでいた。準々決勝第2試合・作新学院vs.中京学院大中京の8回裏のことだった。作新学院のエース・… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/18

スーパープレーの高岡商2年生が、4人の先輩に学んだ「意思」の力。

野球善哉

スーパープレーの高岡商2年生が、
4人の先輩に学んだ「意思」の力。

万雷の拍手を2度浴びた。3回裏、3点を先制された直後、2死三塁の場面で飛んできたハーフライナーの打球を拾い上げ、2度目は7回裏… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/17

甲子園では珍しい戦略的な継投策。中京学院大中京の4人の投手たち。

野球善哉

甲子園では珍しい戦略的な継投策。
中京学院大中京の4人の投手たち。

指揮官の言葉がこの日の勝因を物語っていた。「それくらいのことをしないと、東海大相模さんには勝てませんからね」優勝候補の一… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/16

仙台育英に漂う悲願達成の気配。7、8、9回の強さが支える安定感。

野球善哉

仙台育英に漂う悲願達成の気配。
7、8、9回の強さが支える安定感。

圧勝の展開からミスを皮切りに1点差まで迫られたというのに、やけに落ち着いて戦っていたのが印象的だった。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/14

ダルビッシュならどう見る?履正社に敗れた津田学園の投手采配。

野球善哉

ダルビッシュならどう見る?
履正社に敗れた津田学園の投手采配。

果たして、これは美談なのか。敗者の壇上に上がったエースが、それまで我慢していた感情を思わず溢れさせたのを見て、ふとそう思… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/13

菊池雄星「僕らが続かないと失礼」筒香の勇気ある発言を孤立させるな。【2019年上半期 野球部門3位】

野球善哉

菊池雄星「僕らが続かないと失礼」
筒香の勇気ある発言を孤立させるな。
【2019年上半期 野球部門3位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。野球部門の第3位はこちら! 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

プロ野球

2019/08/12

1番打者の2番手投手でエース温存。宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。

野球善哉

1番打者の2番手投手でエース温存。
宇部鴻城・岡田佑斗がHRに完投勝利。

この起用法が普通に思える時代が来るかもしれない。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/12

仙台育英流の「最後まで全力」。コールドのない甲子園で19点差勝利。

野球善哉

仙台育英流の「最後まで全力」。
コールドのない甲子園で19点差勝利。

ポテンヒットすら二塁打になってしまう。大会4日目の第2試合に登場した仙台育英(宮城)の攻撃には感嘆させられた。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/09

進学校が甲子園で見せた分業制。米子東の席巻が、もう待ち遠しい。

野球善哉

進学校が甲子園で見せた分業制。
米子東の席巻が、もう待ち遠しい。

米子東の捕手・長尾駿弥は、先発した森下祐樹が1球を投げ終わる度に自軍ベンチを覗き込んでいた。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/08

1度も打席に立てず交代した1年生。霞ヶ浦・宮崎莉汰の成長を祈る。

野球善哉

1度も打席に立てず交代した1年生。
霞ヶ浦・宮崎莉汰の成長を祈る。

一時は8点差がついた試合展開から猛追をみせた霞ヶ浦だったが、9回表にこの日5本目の本塁打を浴びて力尽きた。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/07

誉バッテリーを襲った甲子園の魔物。2つのデッドボールで崩れた生命線。

野球善哉

誉バッテリーを襲った甲子園の魔物。
2つのデッドボールで崩れた生命線。

本来は生命線となるはずのボールがこの日は命取りになった。2019年夏の甲子園開幕戦。県大会で愛工大名電、中京大中京などを破っ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/06

佐々木朗希から考える「年間日程」。センバツがエース依存の根本原因?

野球善哉

佐々木朗希から考える「年間日程」。
センバツがエース依存の根本原因?

もはや、甲子園は1つに絞るべきなのではないだろうか。 夏の甲子園切符をかけた戦いが終了した。 49代表をめぐる争いは今年も熾… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/08/01

新星扱いに苦しんだ甲子園経験者。スーパー1年生という表現の危険さ。

野球善哉

新星扱いに苦しんだ甲子園経験者。
スーパー1年生という表現の危険さ。

そのフレーズは活躍した1年生すべてに付けられているようだ。全国高校野球選手権大会の地区大会が熱気を帯びてきたここ数日、活… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/07/19

高橋光成が初めて首を振った瞬間。「器用な投手」の枠を踏み越える。

野球善哉

高橋光成が初めて首を振った瞬間。
「器用な投手」の枠を踏み越える。

ようやく首を振った。6月14日のヤクルト戦の8回表のことだった。2死満塁でバレンティンを迎えた高橋光成は、1ボール2ストライク… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

プロ野球

2019/06/30

高校野球で壊れた選手が絞り出した、「楽しめたのは、高校1年が最後」。

野球善哉

高校野球で壊れた選手が絞り出した、
「楽しめたのは、高校1年が最後」。

いかにも好青年のピッチャーが、答えに窮していた。この春に大学を卒業したばかりの22歳。3月には海を渡ってMLB傘下マイナーのト… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

高校野球

2019/06/22

「ボールを低めに集める」は古い?筒香の三振から感じる野球の新潮流。

野球善哉

「ボールを低めに集める」は古い?
筒香の三振から感じる野球の新潮流。

体調がベストに近づいてきているはずの筒香嘉智のバットが空を斬る。独特の配球に、球界随一のアーチストは完膚なきまでにやられ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

プロ野球

2019/05/21

ページトップ