著者プロフィール 

氏原英明Hideaki Ujihara

1977年ブラジル生まれ。奈良大学を卒業後、地方新聞社でのアルバイト勤務を経て、フリー活動を開始。高校野球を中心に活動を続けるが、野球を通じた人間性、人生観を伝え続け、Numberのほかに野球専門誌で活躍。WEBの世界でも「人間力×高校野球」(高校野球情報.com)と題したコラムを連載している。最新刊は2018年夏に上梓された『甲子園という病』(新潮新書)。長年にわたる甲子園取材の知見を凝縮した筆者渾身の一冊としてスポーツジャーナリズム界を超えて話題に。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
  • rss
5年前にU18だった彼らが東京五輪へ。侍ジャパンの松井、森、上林世代。

野球善哉

5年前にU18だった彼らが東京五輪へ。
侍ジャパンの松井、森、上林世代。

2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」まであと2年を切った。本番が近づくにつれて、出場が期待される選手たちへの注目… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/11/28

甲斐キャノンの力を数字で知りたい。「二塁送球1.8秒」の出所はどこか。

野球善哉

甲斐キャノンの力を数字で知りたい。
「二塁送球1.8秒」の出所はどこか。

あと1カ月ほど早ければ、新語・流行語大賞にもノミネートされたであろう。日本シリーズとその後の日米野球で一躍注目を浴びた、… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/11/24

浅村がこぼした「力の差を感じる」。西武とソフトバンクは何が違ったか。

野球善哉

浅村がこぼした「力の差を感じる」。
西武とソフトバンクは何が違ったか。

主将から弱気な発言が聞こえてきたのは、3敗目を喫して王手をかけられた試合後のことだった。「力の差を感じる。ソフトバンクと… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/10/22

一瞬で空気を変えた西武・栗山巧。打席に「思考」は持ち込まない。

野球善哉

一瞬で空気を変えた西武・栗山巧。
打席に「思考」は持ち込まない。

畏怖。ただそれしか思い浮かばなかった。パ・リーグCSファイナル第2戦。17年目になるベテラン・栗山巧がパ・リーグCSタイ記録と… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/10/19

菊池雄星がSBに打たれる理由とは。キーワードは「カットボール」。

野球善哉

菊池雄星がSBに打たれる理由とは。
キーワードは「カットボール」。

CSファイナルのために用意されたメットライフドームに隣接するプレスルームのモニターで試合を眺めていると、この日の殊勲となっ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/10/18

菊池雄星が明かすドラフトの真実。N・ライアンの「世界一を目指そう」。

Number Ex

菊池雄星が明かすドラフトの真実。
N・ライアンの「世界一を目指そう」。

錯覚かなぁ……。頷きながら車の後方座席に向かった菊池雄星の表情を見て、ふと違いを感じた。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/10/16

技術屋・中村剛也の見事な復活劇。「振り遅れるなら強制的に……」

野球善哉

技術屋・中村剛也の見事な復活劇。
「振り遅れるなら強制的に……」

おそらく技術屋なのだと思う。10年ぶりにパ・リーグを制覇した西武のホームランアーチスト中村剛也のことだ。「一番大事なのは身… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/10/08

優勝目前の西武、たった1つの懸念。「経験」の差を補う方法はあるか?

野球善哉

優勝目前の西武、たった1つの懸念。
「経験」の差を補う方法はあるか?

9回表の窮地から起死回生の逆転本塁打を放った山川穂高がダイヤモンドを一周する姿をTV画面で確認しながら、1つのヤマを乗り越え… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/09/25

根尾昂は他人を思いやるヒーロー。「吉田輝星投手は素晴らしい投球を」

野球善哉

根尾昂は他人を思いやるヒーロー。
「吉田輝星投手は素晴らしい投球を」

皮肉を含んでいない。釘をさす意味でもない。かといって努めてチーム愛を語っているのでもない。 彼の口からいつも出てきたのは… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/22

一度チームワークを捨て、その後に。大阪桐蔭を支える個と団結力の哲学。

野球善哉

一度チームワークを捨て、その後に。
大阪桐蔭を支える個と団結力の哲学。

常勝・大阪桐蔭を取材していると、選手や指導者たちから決まって聞こえてくるフレーズがある。それは決勝戦を前に、副キャプテン… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/21

甲子園決勝は本当に明日でいいのか。金足農業・吉田輝星の投球数が……。

野球善哉

甲子園決勝は本当に明日でいいのか。
金足農業・吉田輝星の投球数が……。

過去に何度も見た光景だった。表現としては“末恐ろしいピッチャー”だ。秋田県大会からすべてのイニングを1人で投げぬいている… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/20

エース依存から一歩踏み出した済美。「きょうの池内は頼もしくて」

野球善哉

エース依存から一歩踏み出した済美。
「きょうの池内は頼もしくて」

ようやく抜け出した。指揮官も、そして、起用された選手も。踏み出した先には、新しい世界が見えたに違いない。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/18

常葉大菊川は最後まで真っ向勝負。近江・北村に6打点献上も勲章だ。

野球善哉

常葉大菊川は最後まで真っ向勝負。
近江・北村に6打点献上も勲章だ。

彼らの選択肢に「敬遠」の二文字はなかった。常葉大菊川の捕手・根来龍真は言う。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/17

菊池雄星や吉田輝星と同じ、浦和学院・渡辺勇太朗のある動作。

野球善哉

菊池雄星や吉田輝星と同じ、
浦和学院・渡辺勇太朗のある動作。

高校に入って初めての完封勝利は甲子園の大舞台だった。「左バッターに回ったら替えるぞ、と9回に入る前に監督から言われていた… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/16

「島袋洋奨も高2は甲子園で負けた」興南が0-7敗戦から得た教訓とは。

野球善哉

「島袋洋奨も高2は甲子園で負けた」
興南が0-7敗戦から得た教訓とは。

点差ほどに力の差を感じない試合がある。敗れた側の方に勢いがあったのに、いつの間にか、反対側のチームが差をつけて勝っている… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/15

フルスイング主義は誤解されてる?常葉大菊川の超攻撃野球の本質。

野球善哉

フルスイング主義は誤解されてる?
常葉大菊川の超攻撃野球の本質。

迷いがない。恐れがない。常葉大菊川のプレーのことだ。この日の第1試合では日南学園を相手に3-0で勝利。試合の中で徹底されて… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/14

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。

野球善哉

高岡商の試合巧者ぶりに痺れた一戦。
佐久長聖に1点差勝ちした、その中身。

試合後の佐久長聖・藤原弘介監督の言葉が、“北信越対決”の勝者・高岡商の強さを上手く表していた。「本当は自分たちがやらない… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/13

仙台育英、敗れてなお伝わる哲学。須江航監督が導入した規律と数字。

野球善哉

仙台育英、敗れてなお伝わる哲学。
須江航監督が導入した規律と数字。

試合後のインタビュールームの雰囲気から違っていた。2年連続出場となる仙台育英が、初戦となった2回戦で浦和学院に敗れた。昨夏… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/12

龍谷大平安を苦しめた投球リズム。鳥取城北の「戦術的な遅さ」とは。

野球善哉

龍谷大平安を苦しめた投球リズム。
鳥取城北の「戦術的な遅さ」とは。

古豪を追い詰めながら9回サヨナラ負け。しかし、敗者・鳥取城北の山木博之監督の表情にあったのはあと一歩まで迫った充実感だっ… 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/11

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。木更津総合封じの生命線が代償に。

野球善哉

敦賀気比左腕・木下元秀の3死球。
木更津総合封じの生命線が代償に。

試合を決定づける走者一掃のスリーベースが生まれたのは、6回表のことだった。 続きを読む

氏原英明Hideaki Ujihara

2018/08/10

ページトップ