酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

戦力外ドラ1「投げるのは最後かも」、7打席で無安打「正直歯が立たなかった」…トライアウト“画面に映らない”人間模様の舞台ウラ

posted2023/11/16 17:40

 
戦力外ドラ1「投げるのは最後かも」、7打席で無安打「正直歯が立たなかった」…トライアウト“画面に映らない”人間模様の舞台ウラ<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

今シーズンも開催された12球団合同トライアウト。様々な人間模様が交錯する

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 12球団合同トライアウトが11月15日に開催された。かつてのタイトルホルダーやドラフト1位選手など、様々な境遇のプロ野球選手たちが人生を懸けて臨むアピールの舞台。それを毎年取材する筆者が見た、2023年の人間模様とは。《全2回の1回目/後編#2につづく》

 今年の12球団合同トライアウトは、日本ハムの二軍本拠地、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた。前日、新鎌ヶ谷のビジネスホテルにチェックインしたが、ロビーには大きな荷物を持った選手らしき若者が数人いた。プロ野球時代、遠征では、球団がシティホテルをおさえてくれた。彼らにとっては、こういったこともまた初めての体験かもしれない。

500円のチケットは即完売したのだという

 今年のトライアウトは、昨年までとは全く景色が違っていた。新型コロナが5類に移行されて初めての開催であり、制限がほぼなくなった。

 球場周辺には多くのファンが駆けつけている。選手が車から降りるたびに、選手名鑑や色紙をもって近寄っていく。サインを書いてもらおうとしているのだ。元選手のスカウトや球団関係者にもファンが群がって、サインを求めている。

 トライアウトの入場者は2145人、500円のチケットは即日完売したと言う。トライアウトに来る観客は、野球ファンの中でも本当にコアなファンだと思う。

 この日の鎌ケ谷は朝から曇りがちで、底冷えがしていた。気温は朝9時の段階で11度とのことだったが、風も少しあってかなり寒かった。

 トライアウト参加者はこの日になって参加が決まった1人を含めて59人、昨年の49人、一昨年の33人から比べて大きく増えた。確かに2次にわたる戦力外通告期間には「こんな選手も!」と思う顔ぶれが戦力外リストに載っていた。

 10時、選手がグラウンドに出てキャッチボールを始めた。元気な声も出ている。もちろん悲壮感もあるのだが、何か吹っ切れたような明るい表情の選手も多い。

 10時半、シートノックが始まる。これがトライアウトの「本番」だ。参加選手が増えたこともありカウント1-1の設定から投手と打者が対戦する。

オリックスの中継ぎで活躍した吉田のスライダー

 最初に目を引いたのは2番手で上がったオリックスの吉田凌だ。

【次ページ】 かつてのドラ1、最多勝投手の投球内容は?

1 2 3 4 NEXT
吉田凌
田中俊太
高橋純平
薮田和樹
行木俊
高山俊
伊藤康祐

プロ野球の前後の記事

ページトップ