Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[覚悟の4年間を終えて]吉田麻也「主将になった少年」

posted2022/12/16 07:02

 
[覚悟の4年間を終えて]吉田麻也「主将になった少年」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

W杯ベスト8を目指す道中で、キャプテンは何を背負っていたのか。この4年間、時には批判を浴び、時には悲壮感すら漂わせながら、それでもチームのために、日本サッカーのために全力を尽くしてきた。物語は、彼が1人のサッカー少年に過ぎなかった、あの頃から始まっていた。

 クロアチアとの死闘を終えた翌日、ミックスゾーンの端っこで、両眼を真っ赤に腫らした吉田麻也と少しだけ雑談した。

「初めて会ったのって、こーんなに小っちゃい頃だったもんね。昔から、生意気だったよね(笑)」

 のちの日本代表キャプテンと初めて会ったのは、彼が小学4年生のときだから、もう25年も前のことになる――。

 本人も認めるとおり、当時はやんちゃな“ガキ大将”だった。年上の人にも全く物怖じしなかった。両親が習っていた社交ダンス教室に飛び入りで参加したかと思えば、7歳上の兄・穂波と同じ洋服を着て、長崎市内の繁華街へ買い物に繰り出した。

 ガキ大将の自宅には、いつも友人たちがたくさん集まり、ギターをかき鳴らしていた。小学校の卒業式当日、「謝恩会で、ゆずの曲を披露するんだ」と意気込んで、“バンドメンバー”たちと勢いよく登校して行った後姿を、今でもよく覚えている。

 サッカーは、もちろん上手だった。他の少年たちより、文字どおり頭ひとつ抜けた長身を生かして、ドリブルでぐいぐい相手を抜き去っていく。当時からフィジカルの強さは際立っていた。

「丈夫な体に生んでくれた両親には、感謝しかないです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3971文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

吉田麻也
長谷部誠
岡田武史
三都主アレサンドロ
カタールW杯
ワールドカップ
ロシアW杯
東京五輪

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ