Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[クロアチアが見た日本]日本の猛プレスを受けて、戦術の変更を強いられた

posted2022/12/16 07:01

 
[クロアチアが見た日本]日本の猛プレスを受けて、戦術の変更を強いられた<Number Web> photograph by Miki Sano

text by

ウラディミール・ノバク

ウラディミール・ノバクVladimir Novak

PROFILE

photograph by

Miki Sano

 クロアチアにとって、やはり日本は難敵だった。1998年大会と2006年大会のそれぞれのグループステージで対戦した時、大方の予想ではクロアチアが有利とされていたが、W杯初対戦時は1-0で競り勝ち、2度目の対戦ではスコアレスドローに終わっている。今回も主要ブックメーカーはクロアチアを優勢としていたが、勝負は延長、そしてPK戦に持ち込まれ、最後はGKリバコビッチの活躍で勝利を掴んだ。

 その守護神を現代表で指導しているGKコーチ、ラディッチは1998年大会で日本戦に出場し、クリーンシートを達成。彼は今大会の日本戦の前に、24年前を振り返って次のように話している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1447文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ドミニク・リバコビッチ
ドラジェン・ラディッチ
ズラトコ・ダリッチ
前田大然
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ