熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

U-17W杯で知っておきたい有望株。
ブラジル紙が見た若き日本の印象は。

posted2019/10/26 11:50

 
U-17W杯で知っておきたい有望株。ブラジル紙が見た若き日本の印象は。<Number Web> photograph by Getty Images

U-20W杯を経験した西川潤ら擁する若き日本代表は、ブラジルの地でどのような結果を残せるだろうか。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Getty Images

 世界各国のスーパースターの卵が集結する大会、それが1985年に創設され、以後、2年毎に行なわれてきたU-17ワールドカップ(W杯)である。

 18回目を迎える今大会は、今月26日から来月17日まで「フットボール王国」ブラジルで開催される。

 過去に出場した選手は錚々たる面々だ。例えばスペインならMFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ、ヴィッセル神戸)、FWダビド・ビジャ(ヒホン、バルセロナ、神戸など)、FWフェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリー、リバプール、サガン鳥栖など)が経験者だ。

 ブラジルでも1997年大会でMFロナウジーニョ(グレミオ、バルセロナなど)、FWネイマール(サントス、バルセロナ、パリ・サンジェルマン)といった名手もピッチに立った。

中田、小野、南野、久保も出場。

 また日本を見ても、1993年大会にMF中田英寿(当時韮崎高/平塚、ペルージャ、ローマなど)、DF宮本恒靖(G大阪ユース/G大阪、ザルツブルクなど)が出場したのを皮切りに、MF小野伸二(清水商/浦和、フェイエノールト、FC琉球など)らが参戦し、その後、日本代表の主軸を担っている。

 現代表で見ても、MF中島翔哉(東京Vユース/東京V、ポルティモネンセ、ポルトなど)、MF南野拓実(C大阪ユース/C大阪、ザルツブルク)、久保建英(FC東京U-18/FC東京、レアル・マドリー、マジョルカ)らが同大会で貴重な経験を積み、その後の飛躍につなげている。

 国別の通算優勝回数はナイジェリアの5度が最多で、ブラジルが3度で続き、ガーナとメキシコが2度ずつ。日本の最高成績は1993年と2011年のベスト8で、2017年の前回大会はベスト16。今回こそ8強の壁を破って、さらに上を目指したいところだ。

【次ページ】 ブラジル紙が見る優勝候補は?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アンドレス・イニエスタ
ダビド・ビジャ
フェルナンド・トーレス
ロナウジーニョ
ネイマール
中田英寿
西川潤
唐山翔自

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ