Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[佐藤寿人の1トップ分析]強国と渡り合うための最前線の最善手 前田大然/浅野拓磨/上田綺世/町野修斗

posted2022/11/19 07:00

 
[佐藤寿人の1トップ分析]強国と渡り合うための最前線の最善手 前田大然/浅野拓磨/上田綺世/町野修斗<Number Web> photograph by Getty Images

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph by

Getty Images

W杯メンバー確定後の大きな関心事が「誰が1トップを務めるのがベストなのか」。森保監督が求めるもの、そして狙いとは。稀代のストライカーが自身の見解を語った。

 現代サッカーにおいてFWの役割はますます複雑化している。得点、アシスト、ボールキープ、囮になる動き、守備におけるプレスなど、一昔前に比べて多くの仕事を求められるようになった。今や一口にストライカーと言っても様々なタイプがいる。

 そんな中、森保一監督はカタールW杯に向けて浅野拓磨、前田大然、上田綺世を選出し、さらに町野修斗を追加招集した。彼らにはどんな特徴があり、どのように起用されるのだろうか。サンフレッチェ広島時代に森保監督とJリーグを3度制し、2012年にJリーグ得点王に輝いた元日本代表FWの佐藤寿人に話を聞いた。

 今回、森保監督は日本代表26人を発表する際、「GK」と「フィールドプレーヤー」という表現しか用いませんでした。つまり誰がFWになるかは言及しなかったんです。全員で守備をし、全員で攻撃するんだというメッセージかもしれません。

 とはいえ布陣は4-2-3-1が濃厚ですので、浅野、前田、上田、町野を1トップ候補と考えて話を進めたいと思います。

 今回、日本はドイツとスペインというW杯優勝経験国と同組になりました。力の差を考えると、ファーストチョイスは前田になると思います。

 理由は簡単。前田のボールを追うスプリント能力とその連続性は、世界的にもずば抜けているからです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3789文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐藤寿人
サンフレッチェ広島
森保一
前田大然
浅野拓磨
上田綺世
町野修斗
南野拓実
大迫勇也
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ