サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「FWでは前田大然と上田綺世が一歩前に出た」中村憲剛に聞く森保ジャパン“各ポジションの最新序列”「三笘薫の起用法は悩ましい」 

text by

中村憲剛+戸塚啓

中村憲剛+戸塚啓Kengo Nakamura + Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2022/10/04 17:03

「FWでは前田大然と上田綺世が一歩前に出た」中村憲剛に聞く森保ジャパン“各ポジションの最新序列”「三笘薫の起用法は悩ましい」<Number Web> photograph by Getty Images

得点こそなかったものの、欧州遠征でそれぞれ個性を示した前田大然と上田綺世。中村憲剛氏はこの2人がFWのなかで「一歩前に出た」と評価する

「2010年を思い出した」シュミット・ダニエルの大仕事

 そして、今回の2試合で最後に大きなインパクトを残したのはGKのシュミット・ダニエルではないでしょうか。アメリカ戦は負傷した権田修一と交代して無失点に抑え、エクアドル戦は値千金のPKストップで、負けを引き分けに持ってきてくれました。

 今回は強化試合であり本番ではなかったとはいえ、負けで終わるか引き分けで終わるかは印象が大きく変わります。その功績は、森保監督の記憶に残るのではと。

 個人的には、2010年の南アフリカW杯の直前を思い出しました。川島永嗣がイングランド戦で使われ、PKを止めた。そこから定位置をつかんでいきました。

 エクアドル戦がW杯の試合なら、シュミットは勝ち点1をチームにもたらしたことになります。中堅国はGKが勝ち点を持ってくるのがポイントで、本人も自信になったでしょう。周りの目も変わったはず。権田が出ても、シュミットが出ても、どちらでも安心できるのはチームの強みになると思います。

 今回の2試合は本番に近い形でメンバーが集まり、森保監督から具体的な戦い方の提示があったなかで臨みました。課題も出ましたが、それも含めて収穫だったと思いますし、森保監督にとっては多くのものが見えた遠征だったのではないかと思います。

 選手たちも手応えはそれぞれでしょうが、森保監督の提示を理解しつつ、自分の色を出す努力を全選手がしていた。W杯を見据えた戦い方が明確に見えてきたことで、一体感と本番への期待感が高まってきました。

 森保監督は選手たちに「所属チームを勝利へ導く存在」になることを求めています。監督はコンセプトを提示しますが、ピッチで実際にプレーするのは選手です。秒単位で戦況が大きく変化するなかで、チームのコンセプトを遂行しつつ、自分の判断、選択、プレーでチームに良い流れを持って来られる選手、自己解決能力を持った選手の数は、多いほうがいい。

 メンバー発表までの残り1カ月、それぞれがケガをすることなく、自チームで成長してほしいと思います。

<前編から続く>

#1から読むW杯前“最後のアピール”に成功した選手は? 中村憲剛が欧州遠征を総括「なんと言っても鎌田大地」「相馬勇紀が26人に残る可能性も」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
久保建英
鎌田大地
三笘薫
南野拓実
柴崎岳
田中碧
前田大然
上田綺世
古橋亨梧
町野修斗
大迫勇也
浅野拓磨
旗手怜央
瀬古歩夢
酒井宏樹
山根視来
吉田麻也
冨安健洋
谷口彰悟
伊藤洋輝
板倉滉
中山雄太
長友佑都
シュミット・ダニエル
権田修一
森保一
中村憲剛
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ