欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

なぜレアル・マドリーは「CLで異常に勝負強い」のか “完璧だったはず”のマンCを逆転…カメラマンが震えた「伝統と成功体験の継承」

posted2022/05/28 11:03

 
なぜレアル・マドリーは「CLで異常に勝負強い」のか “完璧だったはず”のマンCを逆転…カメラマンが震えた「伝統と成功体験の継承」<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

大逆転劇に沸き上がるマドリーイレブン。通算14度目のCL制覇へ、あと1勝だ

text by

中島大介

中島大介Daisuke Nakashima

PROFILE

photograph by

Daisuke Nakashima

欧州サッカー21-22シーズンがフィナーレを迎えます。鎌田大地と長谷部誠が躍動したEL決勝と、レアル・マドリーが“異常な勝負強さ”を見せたCL準決勝を撮影した中島大介カメラマン視点の写真記事を配信します(全2回/#2も)

 試合終了の笛が響いた時、21歳のブラジル人プレイヤー、ロドリゴの頭の中には、言葉の一つも浮かんでいなかった。

 空っぽだったとも言えるし、真っ白だったとも言える。ブラジル語でもスペイン語でも、自身の感情を表現する単語は見当たらなかった。

 顔を覆った手の隙間から、ゴール裏で揺れる白い一団をぼんやり眺めているだけだった。他の仲間が一目散に駆け寄り、輪になって喜ぶ姿もしばらく目に入らなかった。

ロドリゴ、ベンゼマの執念

 舞台はサンティアゴ・ベルナベウ。

 UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ、レアル・マドリー対マンチェスターシティ戦。

 すでに席を後にする白いユニフォームを纏ったファン達の姿も目につく、後半終了間際の90分、R・マドリー、カマビンガのフィードにベンゼマが反応する。必死に伸ばした左足が折り返したボールは、ボックス内中央に向かう。シティGKエデルソンの頭の中では、向かってくるそれを自分の両手が掴むイメージが出来上がっていた。

 しかし、ロドリゴの頭の中には、また違ったイメージがあった。ベンゼマの折り返したそれは、自分を目掛けて向かってきていた。

 エデルソンがボールを迎え入れるはずだった空間、その一寸先でロドリゴの伸ばした右足アウトサイドがそれに触れた。

 そしてそれは、ゴールネットを揺らした。

 それでもスコアは1-1、1stレグを4-3で勝ち越したシティは、トータルスコアでは5-4とリードしていた。

 残すところはアディショナルタイムのみ、グアルディオラ率いるチームが恐れることは何もなかった。そこにいる誰もがまだ、その結末を予想だにできていなかった。

 しかし91分、カルバハルが右サイドから放り込んだクロスがアセンシオの頭をかすめ、またしてもロドリゴの元に向かってくる。

 それだけを見つめ、強く打ち付けるだけだった。

 2分で2度もゴールネットを揺らした21歳は、サポーターに向かって吠えた、そして神に祈りを届けた。

マンC陣営には「マドリーの逆転劇」という恐怖が

 シティが決勝に進むことを誰もが信じていた2分前とは状況が変わった。

 アウェイサポーターが埋める一角を除いて、静かになってしまっていたスタジアムが、再び熱を帯びた。

 この場にいる全ての人がこのドラマの終着点をイメージし始めていた。

 それは、ここベルナベウでは何度も起こってきた奇跡(何度も起きているのにそれでも人は奇跡と呼ぶ)であり、マドリーファンには信じるだけの拠り所があった。

 そしてシティ指揮官、選手、ファンにとっては、今回ばかりは起きて欲しくない、マドリーの逆転劇という恐怖を伴うイメージだった。

【次ページ】 ベンゼマの飛び込みがPKを誘発した

1 2 3 4 5 NEXT
レアル・マドリー
カリム・ベンゼマ
ロドリゴ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ