Number ExBACK NUMBER

関根潤三が審判に「お前センスないから、他の仕事紹介してやろうか?」4位、5位、4位…野村克也以前のヤクルトはどんなチームだった? 

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2022/03/25 17:06

関根潤三が審判に「お前センスないから、他の仕事紹介してやろうか?」4位、5位、4位…野村克也以前のヤクルトはどんなチームだった?<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

1987年~89年までヤクルトの監督を務めた関根潤三。4位、5位、4位と成績は振るわなかったが、当時のチームはどんな雰囲気だったのだろうか?

「関根さんは雰囲気は柔らかい好々爺なんだけど、内面はキツイんです。アンパイアの判定に不服なときには、ゆっくりと近づいていって、“大丈夫か、メガネ買ってやろうか?”って囁いたり、“お前、センスないから、他の仕事紹介してやろうか?”って言うんです。よく、アンパイアから“安藤さん、関根さんの言葉がきついから何とかしてくださいよ”って泣きつかれましたね(笑)」

 関根がヤクルトの監督を務めた87~89年のチーム成績は4位、5位、4位だった。一度もAクラスに浮上することはなかったが、当時のヤクルトファンは関根に対して温かかった。試合に負けはしても、池山と広沢がイキイキとグラウンドを駆け回り、ホーナー、デシンセイ、パリッシュといった大物外国人が魅力ある野球を展開していたからだ。

「神宮球場の場合、試合が終わると一塁側ベンチからロッカーに向かうのにお客さんの前を歩いて帰りますよね。でも、どんなに大敗を喫しても罵声を浴びることはなかったですね。関根さんが監督になった年は4位でした。このとき関根さんと、“アンちゃん、4位でこれだけ喜んでくれるのならラクだねぇ”って笑ったことがありました。本当なら4位で喜んでちゃいけないんだけど、それまでずっとビリだったからね(笑)」

「野球生活の中で、いちばん思い出が強い…関根さんとの3年間がね」

 グラウンドだけではなく、試合後も、ともに同じ時間を過ごした。

「試合後、神宮球場近くの喫茶店でコーヒーを飲みながら、関根さんと僕と、ピッチングコーチの小谷(正勝)、マネージャーの松井(優典)の4人で酒も飲まずに、“今日はこうすればよかった”とか、“明日はこうしよう”と話し合いましたね。関根さんと一緒にいる時間は、僕がいちばん長かったと思うね」

 阪神ひと筋だった安藤がヤクルトのユニフォームを着て関根とともに過ごしたのは、自身が48歳から50歳にかけてのことだった。あれから30数年の月日が流れた。80年以上に及ぶ人生の中で、安藤にとっての「あの3年間」はどんな時間だったのだろうか?

「関根さんの下で働かせてもらった3年間は、ものすごく勉強になりました。いちばんやりがいがあった時期かもしれない。池山、広沢を育てるために、彼らがどんなに三振ばかりしていても、何も口出しせずにジッと我慢していました。“彼らが自分で気がつくまで我慢しようや”と言われました。そこまで考えないと育成はできないんでしょう。“自分はまだまだ甘いなぁ”と思い知りましたね」

 2時間に及んだインタビューの最後に安藤は言った。

「自分の野球生活の中で、いちばん思い出が強いんです。関根さんとの3年間がね、すごく楽しい思い出として、今でも記憶に残っているんですよ」

 関根と過ごした3年間――尋ねたかったことをすべて聞き終え、礼を告げてその場を辞そうとした瞬間、安藤は言った。

「よかったら、食事でもどうですか? もし時間があるのなら、もう少し関根さんとの思い出話をしたいのだけど……」

 もちろん、断る理由などない。近くの料亭に場所を移し、安藤は饒舌に語り続けた。自身は下戸であるにもかかわらず、「遠慮しないで飲んでください」という気遣いが嬉しい。関根との思い出を語るその口調はとても明るい。聞いているこちらまで幸せになってくるような楽しい時間はさらに続いた――。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

Number最新号「今年も絶対、スワローズ」では、高津臣吾監督インタビューの他、村上宗隆×奥川恭伸のWインタビュー、山田哲人など主力選手の肉声や野村克也監督、関根潤三監督時代のノンフィクション記事が満載です。ぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3
関根潤三
野村克也
東京ヤクルトスワローズ
阪神タイガース
安藤統男
掛布雅之
ランディ・バース
長嶋一茂
ボブ・ホーナー
池山隆寛
若松勉
栗山英樹
広沢克己
水谷新太郎
ラリー・パリッシュ

プロ野球の前後の記事

ページトップ