フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

「態度が大きいだけの女だった」中野友加里36歳を激変させたフジ時代…夫もズバリ「『私、五輪代表です』と言われたら結婚してない」 

text by

秋山千佳

秋山千佳Chika Akiyama

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2022/02/17 17:03

「態度が大きいだけの女だった」中野友加里36歳を激変させたフジ時代…夫もズバリ「『私、五輪代表です』と言われたら結婚してない」<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

進学、五輪落選、就職、結婚、出産、子育て――。元フィギュアスケーターの中野友加里(36)さんが振り返る“スケート人生”とそれから

中野 不安な気持ちも残っていたんですけど、いざ行ってみると平気でした。仕事として選手たちに話を聞かなければいけないし、出待ちもしなきゃいけないし、人手が足りないのでカメラも回さなきゃいけない、というのを気づいたらこなしていました。アイスホッケー担当として多くの選手と顔見知りになって、たくさん話を聞くことができました。五輪に行けて、選手たちを間近に見ることができて、よかったです。

――フィギュアスケートの担当ではなかったのですか。

中野 はい。心情に配慮してくれた面もあったかもしれないです。

「スケート人生はハッピーエンドではなかったかもしれない」

――やっぱり社会に出て、スケートから離れた人生を歩む中で、ご自分でもあの「0.17点差」を客観視できるようになったところがあったんでしょうか。

中野 仕事をする中で「自分にしかできないことをやらなきゃ」と思えた時に、またスケートを直視できるようになりましたね。

――五輪の現地取材も、代表とは立場が違いますが、そう経験できることではありません。

中野 本当にいい経験になりました。代表落選から4年あったからこそ、現実を直視して、自分の仕事をしなければいけないという、社会人としての責任感を持てたと思います。

――こうして中野さんの引退後のキャリアを伺っていると、あの全日本選手権後に充実した人生を歩まれていることが分かりました。

中野 スケート人生はハッピーエンドではなかったかもしれない。でも、社会人になって、主人と出会って、子供たちに恵まれてとトータルで見るとすごく幸せです。五輪に出たかった思いは今もありますけど、その先の人生も大事だと思えるように、今はなりましたね。

 

#4に続く「態度が大きいだけの女だった」中野友加里36歳を激変させたフジ時代…夫もズバリ「『私、五輪代表です』と言われたら結婚してない」―2021-22 BEST5

関連記事

BACK 1 2 3 4
中野友加里
安藤美姫
浅田真央
佐藤信夫
トリノ五輪
バンクーバー五輪
オリンピック・パラリンピック
北京冬季五輪

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ