熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

13歳でレアルから1億円超のオファー、16歳女性を妊娠させ、バルサと密約でサントス出禁… ネイマールの知られざるトラブル史 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama(L)/Getty Images(C,R)

posted2021/06/09 12:31

13歳でレアルから1億円超のオファー、16歳女性を妊娠させ、バルサと密約でサントス出禁… ネイマールの知られざるトラブル史<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama(L)/Getty Images(C,R)

サントス、バルサ、PSG…所属クラブでスーパープレーを見せるネイマールだが、トラブルも多い

選手としては評価されるが、人間としては……

 昨年9月には、フランスリーグのマルセイユ戦の終盤、スペイン人CBアルバロ・ゴンサレスの後頭部を殴って退場処分を受けた。試合後、ネイマールは「ゴンサレスから人種差別的な言葉で罵られていた」と糾弾。ところがその後、スペインのラジオ局が「ネイマールは、試合中、マルセイユの日本代表右SB酒井宏樹を『クソったれの中国人』と何度も罵っていた」として、口の動きが明瞭にわかる動画を付けて報道。「人種差別を受けたと言っておきながら、当の本人が別の選手に人種差別行為を行なっていた」と非難された。

 昨年末には、新型コロナウイルス感染が爆発的に拡大した母国ブラジルで、150人以上とされる知人、友人を集めた巨大年越しパーティーを開催。メディアと国民から轟々たる非難を浴び、地元の警察から市の条例違反で取り調べを受けた。そして、第1回で記したナイキの性暴行疑惑である。

 選手ネイマールは評価に値するが、人間ネイマールには大きな疑問符が付く――。それが、多くのブラジル国民が抱く思いだろう。

 これから選手として、また人間として、ネイマールはどこへ行くのだろうか。

第3回に続く。関連記事からもご覧になれます>

レジェンドが語る欧州選手権ベストマッチEURO 1988-2020

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1028

レジェンドが語る欧州選手権ベストマッチ
EURO 1988-2020

【40P豪華別冊付録】
EURO2020 24カ国選手名鑑

【インタビュー&クローズアップ】
デブライネ/ポグバ/レーブ/ロナウド/ケイン/ペドリ

【列強の名勝負物語】
フランス&ジダン 2000
スペイン&トーレス 2008
オランダ&ファンバステン 1988

【ユーロ徹底分析】
中村憲剛×佐藤寿人

【特別インタビュー】
井上尚弥/井岡一翔
ジェイミー・ジョセフ

特別定価:本体780円(税込)目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ネイマール
PSG
バルセロナ
サントス
カタールW杯

海外サッカーの前後の記事

ページトップ