野球クロスロードBACK NUMBER

楽天・田中将大「伝説の8球」を振り返る 涌井秀章「ダルビッシュや僕よりも大人な投球しますよね」 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byJIJI PRESS.

posted2021/03/27 11:04

楽天・田中将大「伝説の8球」を振り返る 涌井秀章「ダルビッシュや僕よりも大人な投球しますよね」<Number Web> photograph by JIJI PRESS.

13年9月26日。9回に登板、西武を破ってパ・リーグ初優勝を決め、喜ぶ田中将大

「ダルビッシュ(有)は、ピンチで中村(剛也)さん、中島(宏之)さんとか、いいバッターを迎えると、力と力の勝負をしたがる時があったんですよ。自分だって、たまにそういう時がありますからね。柳田(悠岐)や中田翔とかには、なんか自然と『真っ直ぐで三振を取りたい』とは思います。そういう気持ちをセーブできるのが田中なので。『3人のなかで、もしかしたら一番、大人な投球をするんじゃないか?』って」

 涌井は「でも、実際はわかんないですよ」と、あくまで自分の感じ方であると念を押すが、おそらくこの「田中評」は正しい。

「伝説の8球」「不滅の24連勝」13年の再現なるか

 入団2年目から田中と自主トレを共にし、「師匠」と仰ぐ8年目の松井裕樹が、同調するようにこう話していた。

「田中さんの場合、ギアを上げた状態で出力を上げてもコントロールが乱れないじゃないですか。それは『ギアを上げると力むから、ボールを投げる際に腕をもうちょっと早く上げよう』とか、そういうところまで考えながら投げているというか。ピンチでも自分のなかでしっかり整理してマウンドに立てているからこそ、抑えられるんですよね」

 投球は熱く、頭は冷静に――それこそが、田中のギアチェンジの神髄なのだろう。

 メジャーリーグでの研鑽を経て、進化を遂げたパフォーマンスを日本で解放する。

 田中は入団会見で、周囲に釘を刺しながらも、それを自らで抜く意志を打ち出していた。

「いい投球をしていけば、おのずと数字はついてくるとは思いますけど、正直、みなさんの印象は2013年で止まっている。すごく求められているハードルは高いですけれども、それをまた『飛び越えてやろう』というところも、自分のやりがいのひとつです」

 伝説の8球に不滅の24連勝。13年の「圧倒」の再現を、誰もが望む。田中はそれを受け入れ、再び日本のマウンドで腕を振る。

 練度を増したボールと投球術で相手を翻弄し、ピンチではギアを上げて相手を捻じ伏せ、勝利をもたらす。その積み重ねが、田中を新たな不可侵の領域へと近づかせる。

エースを生きる~田中将大とパ・リーグ熱投伝説~

関連記事

BACK 1 2 3
東北楽天ゴールデンイーグルス
田中将大
涌井秀章
ダルビッシュ有
松井裕樹
則本昂大

プロ野球の前後の記事

ページトップ