Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

中村憲剛×岩政大樹「プレミアにはなぜ名将が集まるのか?」~同世代の元日本代表マニアック対談~

posted2021/02/25 07:00

 
中村憲剛×岩政大樹「プレミアにはなぜ名将が集まるのか?」~同世代の元日本代表マニアック対談~<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

マネ(右)らが躍動するリバプールの強さはどこから来るのか、中村憲剛と岩政大樹が語り合った

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

REUTERS/AFLO

サッカー界でも指折りの欧州サッカー通として知られ、現役時代は日本屈指の司令塔、CBとして活躍した同年代の2人の目にプレミアリーグはどう映っているのか。経験が詰め込まれた分析力とプレーヤー感覚を駆使し、さらに指導者目線でも世界最高峰リーグを語り合った。

中村 プレミアリーグと聞いて真っ先に思い浮かぶのが、僕の場合は強度。インテンシティーですね。激しい。日程も含めて。

岩政 中1日とか、あるし(笑)。

中村 考えられないですよ。オフに現地で観戦したことがあるんですよ。12月31日と1月2日。どっちもアーセナルの試合で。大みそかの試合に出ていた選手が何事もなかったかのように2日の試合にも出場していて……。プレーの質も一定の水準を保っていましたから、タフだなと。

岩政 僕が思い浮かべたのは名将ですね。アレックス・ファーガソン(元マンチェスター・ユナイテッド監督)やアーセン・ベンゲル(元アーセナル監督)がいて、その後にジョゼ・モウリーニョ(元チェルシー、現トッテナム監督)が現れた。そして、現在はペップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ監督)やユルゲン・クロップ(リバプール監督)がいますからね。

中村 プレミアリーグのフットボール自体は、ベタですけど、肉弾戦ですね。早めに2トップめがけて蹴り込んでいく感じ。で、競ったあとのこぼれ球を奪い合う。それがいつからか、小回りの利く選手が現れはじめ、うまく間(あいだ)を取りながら攻め込んでいく形が増えましたね。それこそ(香川)真司やメスト・エジルが入ってきたあたりからですかね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4500文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プレミア最前線>不死鳥リバプール大研究
中村憲剛
岩政大樹
アレックス・ファーガソン
アーセン・ベンゲル
ジョゼ・モウリーニョ
ペップ・グアルディオラ
ユルゲン・クロップ
マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・シティ
リバプール

海外サッカーの前後の記事

ページトップ