箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」 

text by

和田悟志

和田悟志Satoshi Wada

PROFILE

photograph byBUNGEISHUNJU

posted2020/12/30 11:10

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

青学大主将・神林勇太(4年)。昨年は9区を走り区間賞の活躍だったが、29日のエントリー発表では補欠に

神林勇太(青学大)、塩澤稀夕(東海大)、西山和弥(東洋大)……

 箱根駅伝を走る各校10人のメンバーが確定するまでのステップをおさらいすると、

・12月10日にチームエントリーで各チーム16人の選手を登録。
・12月29日の区間エントリーで、1~10区の正選手と補欠6人を登録。
・往路(1月2日)、復路(1月3日)、それぞれ当日レース開始1時間10分前に当日変更を受け付け。ただし、変更できるのは正選手と補欠選手との交替のみとし、正選手間での区間変更は認められていない。

 という流れだ。

 12月29日の区間エントリーを終えて、各校の補欠の欄には

青学大…神林勇太、佐藤一世
東海大…塩澤稀夕、石原翔太郎
國學院大…藤木宏太
明大…小袖英人、鈴木聖人、手嶋杏丞、櫛田佳希
早大…中谷雄飛、井川龍人
駒大…小林歩、鈴木芽吹
東洋大…西山和弥
中大…吉居大和

 といった有力選手の名前があった。

「1区、3区は出方を窺ったチームが多いのでは」

「1区、3区あたりは出方を窺ったチームは多いのでは」と明大の山本監督が話すように、この2区間は当日変更が例年よりも多いかもしれない。

 1区は、現時点では、順大の三浦龍司(1年)、青学大の吉田圭太(4年)、帝京大の小野寺悠(4年)あたりが中心の展開になりそう。だが、東海大・石原翔太郎(1年)、國學院大・藤木宏太(3年)、東洋大・西山和弥(4年)、中大・吉居大和(1年)らが当日変更で1区に起用されれば、一気に高速化しそうだ。

 3区は近年重要度が高まっており、4区と合わせて、エース格が起用されることが増えてきた。補欠に登録されているエース格の選手も多いが、これは2区を予定していた選手にアクシデントがあった場合も想定してのことだろう。青学大・神林勇太(4年)、東海大・塩澤稀夕(4年)、明大・小袖英人(4年)、櫛田佳希(2年)、早大・中谷雄飛(3年)、駒大・小林歩(4年)らは、チームにアクシデントなく1月2日を迎えられれば、この3区か4区あたりに起用されるのではないだろうか。

【次ページ】 山上り・5区の当日変更は明大、早大、駒大あたり?

BACK 1 2 3 NEXT
青山学院大学
駒澤大学
東海大学
明治大学
國學院大學
山本佑樹
前田康弘
神林勇太
塩澤稀夕
小袖英人
三浦龍司
吉居大和
西山和弥
名取燎太
田澤廉

陸上の前後の記事

ページトップ