田澤廉 

大学長距離界のエース、駒大3年田澤廉に日本選手権で挑戦… 後輩・鈴木芽吹は「相当な負けん気」(大八木監督)の19歳

箱根駅伝PRESS

大学長距離界のエース、駒大3年田澤廉に日本選手権で挑戦… 後輩・鈴木芽吹は「相当な負けん気」(大八木監督)の19歳

またひとり、若者が日本のトップにチャレンジする。1月の箱根駅伝で5区を担い、駒澤大の総合優勝に貢献した鈴木芽吹だ。5月3日の… 続きを読む

加藤康博Yasuhiro Kato

駅伝

2021/05/02

駒大エース田澤廉は【箱根駅伝区間7位】をどう分析する? 「学生相手に負けない選手になる」と意気込むワケ

箱根駅伝PRESS

駒大エース田澤廉は【箱根駅伝区間7位】をどう分析する? 「学生相手に負けない選手になる」と意気込むワケ

昨年12月の日本選手権10000mでは日本人学生歴代4位となる27分46秒09で8位入賞。1月の箱根駅伝でチームは総合優勝も成し遂げた。… 続きを読む

加藤康博Yasuhiro Kato

駅伝

2021/02/23

【箱根駅伝】駒大“大逆転”のウラ側…コーチの証言「大八木のゲキは選手への『愛』なんです」

スポーツ・インテリジェンス原論

【箱根駅伝】駒大“大逆転”のウラ側…コーチの証言「大八木のゲキは選手への『愛』なんです」

箱根駅伝を終えて、秋から取材に使ってきた数冊のノートを整理する。監督、選手たちの声が膨大な文字となって記されている。ずっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/15

【箱根駅伝】駒大・田澤廉の評価が低すぎる問題 次々とエースを崩し、他校監督も「やられました…」

箱根駅伝PRESS

【箱根駅伝】駒大・田澤廉の評価が低すぎる問題 次々とエースを崩し、他校監督も「やられました…」

今年の箱根駅伝の最注目選手の一人が、駒大のエース・田澤廉(2年)だっただろう。田澤の2回目の箱根駅伝は、エースとして花の2… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

駅伝

2021/01/14

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

第97回箱根駅伝(2021)

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

12月29日に第97回箱根駅伝の区間エントリーが発表されてから1月2日までの間は、「推理」を楽しむ時間である。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2020/12/31

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」

箱根駅伝PRESS

今季の箱根駅伝、“補欠”が豪華すぎる事情 國學院大・前田監督「じつは“当て馬”というフェイクもありうる」

いつもとは違う箱根駅伝――ちょっとしたルール変更が、勝負の行方を大きく左右するかもしれない。当日に交替できる人数が前回ま… 続きを読む

和田悟志Satoshi Wada

駅伝

2020/12/30

総合優勝した10年前とどこか似ている早稲田大学。駒澤大学は田澤の力を引き出したい。

第97回箱根駅伝出場校紹介

総合優勝した10年前とどこか似ている早稲田大学。駒澤大学は田澤の力を引き出したい。

2019年4月に就任した榎木和貴監督が気になったのは、故障者の多さだった。原因のひとつに、故障明けにポイント練習に参加して再… 続きを読む

箱根駅伝2021取材チームhakone ekiden 2021

PR

2020/12/22

駅伝2冠を狙う駒澤大に“新・山の神”現る? 13年ぶりの箱根駅伝制覇と「黄金時代」再来の条件

箱根駅伝PRESS

駅伝2冠を狙う駒澤大に“新・山の神”現る? 13年ぶりの箱根駅伝制覇と「黄金時代」再来の条件

学生スポーツは選手が4年間で入れ替わっていく。そのため指揮官たちは“勝てるチャンス”を見極めたうえで指導している部分があ… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

駅伝

2020/12/22

田中希実(21)vs廣中瑠梨佳(20)、“19人が周回遅れ”の新谷仁美……「神回だった」日本選手権を振り返る

オリンピックPRESS

田中希実(21)vs廣中瑠梨佳(20)、“19人が周回遅れ”の新谷仁美……「神回だった」日本選手権を振り返る

日本記録の更新が4つ、東京五輪の代表内定者3名――。歴史的なタイムと東京五輪の代表内定者が生まれた今回の日本選手権は、実り… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

陸上

2020/12/07

箱根駅伝ランナーが“厚底制限”で自己ベスト率低迷?  一方で大迫傑、相澤晃らが履く“高速スパイク”とは

オリンピックPRESS

箱根駅伝ランナーが“厚底制限”で自己ベスト率低迷? 一方で大迫傑、相澤晃らが履く“高速スパイク”とは

11月の全日本大学駅伝は駒大が6年ぶりの優勝を飾った。最終8区は“3強”と呼ばれた青学大、東海大、駒大がトップ争いを展開。最… 続きを読む

酒井政人Masato Sakai

駅伝

2020/12/03

駒大の全日本大学駅伝6年ぶり優勝を生んだ、アンカー勝負「2秒差」の綾。

第97回箱根駅伝(2021)

駒大の全日本大学駅伝6年ぶり優勝を生んだ、アンカー勝負「2秒差」の綾。

鬼の目にも涙。試合後、大八木弘明監督の目尻がうっすらとにじんでいるように見えたのは、勝つことが本当に難しい駅伝だったから… 続きを読む

小堀隆司Takashi Kohori

PR

2020/11/09

厚底は“新兵器”ではなくなった? 全日本大学駅伝、駒澤・田澤と東海・名取の足元事情と5校が大会新の“異常事態”

箱根駅伝PRESS

厚底は“新兵器”ではなくなった? 全日本大学駅伝、駒澤・田澤と東海・名取の足元事情と5校が大会新の“異常事態”

スタート前は、青山学院大学、駒澤大学、東海大学が「3強」と考えられていた。いざ始まると、混戦。中継点でのトップは3強以外の… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

駅伝

2020/11/05

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

第96回箱根駅伝(2020)

区間エントリーから読む第96回箱根駅伝。
直球と変化球が交錯する各校の“戦術駅伝”やいかに。

今回は2区の争いが激化しそうで、拓殖大学のラジ二・レメティキ(1年)、創価大学のムソニ・ムイル(4年)、日本大学のチャール… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2019/12/31

最強エースの配置に注目の東洋大学。駒澤大学は黄金ルーキーの躍動に期待。

第96回箱根駅伝出場校紹介

最強エースの配置に注目の東洋大学。
駒澤大学は黄金ルーキーの躍動に期待。

東洋大学の元エースが、こう言って太鼓判を押す。「相澤はすごいですよ。出雲駅伝も区間新、全日本大学駅伝も区間新でしょ。箱根… 続きを読む

箱根駅伝2020取材チームhakone ekiden 2020

PR

2019/12/26

ページトップ