JリーグPRESSBACK NUMBER

どうして強がって見えるのか……「生意気なサッカー選手・内田篤人」を追い続けて見てきたこと 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2020/10/04 11:02

どうして強がって見えるのか……「生意気なサッカー選手・内田篤人」を追い続けて見てきたこと<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

8月23日のガンバ大阪戦をもって、14年のプロ生活を終えた。

「そうそう。俺、生意気じゃなかったらとっくにサッカーをやめている。意地っぱり。痛いとか、疲れたとか言わないよ」

――ミスをしてもシュンとしている自分を出さないでしょう?

「そう。ミスはミスだけど、表ではへコまない。でも、ヘコんでいるよ、内心は」

――プロになってサッカー嫌いになったりしましたか?

「サッカーをやっていなかったら、だいぶ楽だろうね。でも、やりたくてやっているんだから、贅沢ですよ。3連敗してあんなにブーイングされる。そういうチームにいられるのは幸せですよ」

「右膝」の怪我も“あえて”公表しなかった

 そして、シーズンも佳境となった2009年12月のインタビューでは、「熱くなるのは、(試合ではなく)ゲームをやっているときくらいかな。サッカーでは特別力まないようにしている。力を抜くくらいの感じかな。感情を表に出せる人はすごいと思うんだよね。僕はたとえすごく悔しくても表情には出さない。自分の感情が揺れ動いているのを見られたくないから。ダサいというか、恥ずかしいのかな。僕の感情のことは、僕がわかればいいし、身内だけが知っていればいいこと、世間に出なくてもいいことはたくさんあるから」と話していた。内田のスタンスが垣間見られた。淡泊に見えていた彼のなかに泥臭いものを感じた。

 実はこのインタビュー中も内田は大きな氷で痛めた膝をアイシングしていた。9月に右膝の半月板を痛めていたのだ。もちろん当時、内田が負傷を抱えていることを知っている外部の人間は少ない。

「プレーが悪かったときに、『怪我だからしょうがない』っていうふうに思われたくない」というのが怪我を公表しない理由だった。3連覇を目前としたチーム内の空気に配慮したのも事実だろう。しかし、それだけでなかった。

「勝っていないときに痛めたんだけど、ここで僕が痛いといって、練習が止まるのがイヤだったから。我慢してプレーを続けた。チームの調子が悪いのに、離脱するのもイヤだった。『逃げているんじゃないか』って。勝つまで我慢しようと思ってやっていたら、勝っているうちに痛みがなくなったんだよね。それでも思い通りのプレーができないこともある。イライラもするけれど、足痛いからしょうがないって思うのは、ダサいからイヤなんだよね。怪我のことが報道されていると、怪我とか関係なく、ただプレーが悪かっただけなのに、『怪我があるから』と、僕がそう思っちゃうかもしれない。でもプレーがよくないのは怪我が原因じゃないかもしれない。怪我を理由に、自分のプレーから逃げたくない」

 このときには、夢にも思わなかった。その「右膝」が原因で、サッカーを奪われてしまう日が来ることになるとは。

【次ページ】右SBのポジションを失った「南アフリカW杯」

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT
内田篤人
鹿島アントラーズ
シャルケ
日本代表

Jリーグの前後の記事

ページトップ