“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

世界を、久保建英を追う新鋭の挑戦。
来年U-20W杯へ、キーマンは誰に? 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2020/07/17 20:00

世界を、久保建英を追う新鋭の挑戦。来年U-20W杯へ、キーマンは誰に?<Number Web> photograph by Takahito Ando

J1でゴールを決めた勢いそのまま、U-19日本代表候補合宿でも存在感を発揮したFW斉藤光毅(横浜FC)。

“強肩”鈴木彩艶だけじゃないGK陣。

 また、ここにきて守護神争いも激しさを増してきた印象だ。

 今回の合宿では、U-17W杯とU-20W杯の両方を経験し、強肩で世界の注目を集めた高校3年生・鈴木彩艶(浦和レッズユース)、193cmの大型GK野澤大志ブランドン(FC東京)、190cmの屈強なフィジカルを誇るGK山田大樹(鹿島)の実力十分の3人が選出されている。

 だが、Jリーグに目を向ければ、J1ベガルタ仙台で3試合連続スタメンを飾っている小畑優馬、J2アルビレックス新潟で同じく正GKの座を掴んでいる藤田和輝の2人が売り出し中。現時点の最有力は鈴木彩艶だが、それぞれにチャンスはあり、誰が守護神の座を射止めるか注目したい。

影山監督が語るジャパンズウェイ。

 チーム事情で不参加となったFW唐山翔自(G大阪)、MF藤田譲瑠チマ(東京ヴェルディ)、FW櫻川ソロモン(ジェフユナイテッド千葉)ら、今回の29名以外にもアジア予選、本大会に絡んでくるだろう選手も多数いる。

 世界行きの切符を勝ち取るための戦いは10月。わずか3カ月という限られた時間で、この多彩な才能たちをどう束ねていくか。影山監督の手腕が問われる。

「今回、アジア最終予選に参加する16カ国の中には、国内リーグ戦は整っていない分、長い期間をかけてチームを作っていく国もあります。ただ我々はリーグ戦文化が醸成されていることで、そこで競い、コンディションを上げるなど、全体の底上げを各クラブがやってくれている。その中で理解力が高い選手たちが絡んでくるので、(メンバーを)固めてやる国よりは短い(準備)期間になりますが、1人ひとりに所属クラブで鍛えられた状態で集まって力を発揮してもらう。それが“ジャパンズウェイ”だと思います」

 各々が所属クラブで試合に出ることは、試合勘やコンディションの向上だけでなく、互いのプレースタイルを認知する機会にもつながる。例年以上にプロ選手として、代表選手としての真価が問われるのだ。

「やっぱり自分のチームで試合に出る、活躍する、結果を残すことが大事だし、それが代表につながると思う。まずはチームの試合に出ることにこだわってやっていきたいです」(本田)

 己を高め、戦術理解度を深めた者だけがウズベキスタンのピッチに立つ。明確に定められた「選考ライン」を胸に、若き侍たちは奮起を誓った。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
影山雅永
染野唯月
斉藤光毅
鈴木唯人
本田風智
松岡大起
荒木遼太郎
柴田壮介
田中聡
小田裕太郎
中野伸哉
鈴木彩艶
野澤大志ブランドン
山田大樹
小畑優馬
藤田和輝

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ