野球のぼせもんBACK NUMBER

甲斐拓也10年目、背負う重責と19番。
ムーア復活+有望株を伸ばすリード。

posted2020/06/17 11:40

 
甲斐拓也10年目、背負う重責と19番。ムーア復活+有望株を伸ばすリード。<Number Web> photograph by Kyodo News

もはや甲斐拓也の代名詞となった「キャノン」に加えて、打撃力やリードでも。今季は10年目の経験値をホークス投手陣に還元する立場となる。

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Kyodo News

2020年のプロ野球がついに、6月19日に開幕する。異例の日程の中で試されるのはバッテリー間の信頼構築だろう。昨年の「最優秀バッテリー賞」には巨人の山口俊・小林誠司、西武の増田達至・森友哉が輝いたが、果たして今年は――。その有力候補である福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也、そして投手陣についてチームを熟知するライターの田尻耕太郎氏にレポートしてもらった。

 今年のホークスは日本一になれば4年連続の大偉業だが、一方でパ・リーグでは3年ぶりの頂点を目指す戦いになる。

 チームを率いて6年目になる工藤公康監督は「今季は開幕ダッシュが大切」だと考える。昨年比23試合減の120試合制で1試合の重みがより増すとともに、距離が短いレースと同じで出遅れが致命的な敗因になりかねないからだ。

 ここで例年ならば「対戦が一巡するまでは……」などと思索を深めるところだが、今季のパ・リーグに関してはそういうわけにもいかない。移動リスク軽減のために火曜日から日曜日まで同じ対戦カードでの6連戦が、開幕節の翌週から10週間(8月23日まで)も行われるのだ。

 となれば、今シーズンは戦い方が変わってくる。

火曜日の“もう1人のエース”は?

 たとえば、工藤監督は就任当初から「3連戦があれば、2勝1敗で勝ち越すことが目標」とチームに浸透させてきた。短期目標を設定することで、もし失敗しても気持ちの切り替えをしやすくするためだ。

「でも、今季に関してはどのように考えればいいのか。私の中でシミュレーションをしていますが、正直やってみないと何が正解か、間違っているかも分からない。なので申し訳ないけど、私の考えでしかない段階で公の場ではまだお話しできないです」

 そして、先発ローテーションの考え方も変わる。

 開幕戦の6月19日は金曜日だ。シーズンを通して軸となってもらう期待を込めたその年のエースが、全幅の信頼と共にマウンドへ送り出される。工藤監督は8年目右腕の東浜巨を選んだ。

 そして本来ならば、開幕投手はしばらくのあいだ“カードの頭”で登板していくのが通例になるが、同一カード6連戦で当面戦う今季はそれが出来ない。とはいえ、連戦の初戦が重要であることは変わりない。

 つまり、火曜日に投げる“もう1人のエース”が、開幕ダッシュを占うキーマンになるというわけだ。

【次ページ】 大物助っ人ムーアの力を引き出せ。

1 2 3 4 NEXT
甲斐拓也
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康
マット・ムーア
東浜巨
古谷優人
尾形崇斗
千賀滉大

プロ野球の前後のコラム

ページトップ