野球のぼせもんBACK NUMBER

甲斐拓也10年目、背負う重責と19番。
ムーア復活+有望株を伸ばすリード。 

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/06/17 11:40

甲斐拓也10年目、背負う重責と19番。ムーア復活+有望株を伸ばすリード。<Number Web> photograph by Kyodo News

もはや甲斐拓也の代名詞となった「キャノン」に加えて、打撃力やリードでも。今季は10年目の経験値をホークス投手陣に還元する立場となる。

古谷、尾形を好リードで支える。

 今季の開幕ダッシュのカギを握るムーアの完全復活も然り。さらにはこれから一軍実績を積む若手投手たちに好リードで自信をつけさせる役割も求められる。

 今季のホークスでは最速160キロ左腕の古谷優人や、新たな育成の星である尾形崇斗らの出番が増えていきそうだ。特に古谷は「球が速いが、コントロールに時折難点が」という投手だ。そんな時こそ、カーブを上手く配球に挟んで投球フォームを修正させたり、時にはマウンドに駆け寄ってほんの少しの言葉をかけて立ち直らせたりするのが捕手の役目になる。

一般的には「スピード×、制球力○」の投手を上手くリードするのが捕手の務めと思われがちだが、古谷のようなタイプの投手を大化けさせるのもキャッチャーの腕の見せ所だ。

東浜、千賀とのバッテリーも必見。

 また、プロ8年目にして自身初の開幕投手を務める東浜巨も故障明けのシーズンを戦う。「たとえ10安打を浴びても、点をやらずに完封するのが僕の持ち味」という投球術が持ち味だけに、捕手との共同作業がとても大切になるタイプだ。

 そして、盟友の千賀滉大とのバッテリーは今季の楽しみだ。昨季は令和初のノーヒットノーランを共に成し遂げ、マウンドで熱く抱き合った。キャンプ中の故障で開幕には間に合わなかったが、プロ野球界きっての名コンビがまたどんなドラマを生み出してくれるのか、今季も注目のシーズンになる。

関連記事

BACK 1 2 3 4
甲斐拓也
福岡ソフトバンクホークス
工藤公康
マット・ムーア
東浜巨
古谷優人
尾形崇斗
千賀滉大

プロ野球の前後の記事

ページトップ