熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

ポンテが語る中島翔哉や久保建英、
安部裕葵、堂安律の「素晴らしさ」。

posted2020/06/04 11:50

 
ポンテが語る中島翔哉や久保建英、安部裕葵、堂安律の「素晴らしさ」。<Number Web> photograph by Robson Ponte

現在はポルティモネンセの経営に携わるポンテ(中央)。まごうことなき浦和のレジェンドだ。

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph by

Robson Ponte

4日発売のNumber1004号『現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ』では、2006年の浦和レッズについての秘話をクラブOBの鈴木啓太、ロブソン・ポンテに聞いた。そのポンテはポルトガル1部のポルティモネンセの副会長を務め、現在も日本サッカーとのパイプは強い。彼がクラブ経営に携わり始めたきっかけ、そして中島翔哉や久保建英、堂安律ら日本人アタッカーの印象について、誌面に収まりきらなかったインタビューを掲載します。

 2005年7月から2010年末までの5年半にわたって浦和レッズに在籍し、2005年の天皇杯、2006年のJリーグと天皇杯、2007年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の制覇に大きく貢献した男が、ポルトガル1部ポルティモネンセ副会長の要職にある。

 ロブソン・ポンテ、43歳。現役時代と比べると、少しふっくらしている。

 ポルティモネンセは、日本人選手を多く獲得することで知られる。2013年~16年まで、FW金崎夢生(現名古屋グランパス)が活躍。2017~19年まで在籍したFW中島翔哉(現ポルト)はこのクラブで著しい成長を遂げ、今や日本代表の主力だ。なお現在も、日本代表のGK権田修一とSB安西幸輝が在籍する。

 かつてブラジルやドイツ、日本でプレーし、今はポルトガルに住んで世界と日本のフットボールを熟知する男にクラブのこと、ポルトガルと日本のフットボールへの思いなどを聞いた。

僕があるのは日本とレッズのおかげ。

――退団して10年近くになりますが、浦和のファンはあなたのことを忘れていません。あなたほどの選手がなぜあれほど長く浦和でプレーしてくれたのか、と訝る人もいます。

「プレー環境、気候、食事、日本人の国民性などすべてが気に入った。僕自身、日本で選手として、また人間として成長できたし、家族も日本が大好きだったからね。

 今の僕があるのは、レッズと日本のおかげ。とても感謝している」

――在籍中、欧州などのクラブからオファーがあったのでは?

「いくつかあったみたいだけど、代理人からろくに話を聞かなかった。レッズでプレーすることにすっかり満足していたからね」

【次ページ】 ブラジル、日本などの選手獲得担当。

1 2 3 4 5 NEXT
ロブソン・ポンテ
浦和レッズ
ポルティモネンセ
中島翔哉
久保建英
安部裕葵
堂安律
冨安健洋

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ