サムライブルーの原材料BACK NUMBER

あと一歩まで導いた関塚隆に聞く。
「東京五輪でメダル」に必要なこと。

posted2020/06/01 11:40

 
あと一歩まで導いた関塚隆に聞く。「東京五輪でメダル」に必要なこと。<Number Web> photograph by Getty Images

ロンドン五輪準決勝・メキシコ戦で先制点を挙げた大津は関塚監督のもとに駆け寄った。チームの結束は固かった。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 あのとき関塚隆は声を振り絞った。

 8年前、韓国に敗れて銅メダルを逃がした後のロッカールーム。選手1人ひとりの顔を見渡していたら、自然と涙がこみあげてきた。

「負けたからと言って恥ずべきことは何もない。ここからが新しいスタートになる。次に向けてやるためにも、顔を上げて帰ろう!」

 みんなが顔を上げる。徳永悠平も、清武弘嗣も。

 関塚を見る1人ひとりの目に、誇りが灯っていた。ロンドンオリンピックの記憶は、関塚の脳裏に今も鮮明に残る――。

中2日で続いていく強行スケジュール。

 徳永、清武に話を聞いた後、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言もあって関塚のインタビューが延期になっていた。

 今春からJFA技術委員長を退き、代表チームのサポートに専念するナショナルチームダイレクターに就任。在宅での業務の合間に、リモートでのインタビューをお願いすることにした。

――今振り返ってみてもかなりきついスケジュールでした。ウイークデーの7月11日にニュージーランドと壮行試合を行ない、一度解散して選手は14日にJリーグの試合をこなしてからイギリスへ。18日にベラルーシ、21日にメキシコとノッティンガムで強化試合を行ない、グラスゴーに移動して初戦のスペイン戦が26日でした。そこから試合は中2日で続いていく強行スケジュールになります。

「目の前にオリンピックがあるわけですけど、イギリスに着いたらまずは疲れを取りながら準備を進めていかなくてはいけなかった。フィジカル面のみならずメンタル面も。ベラルーシ戦で(バックアップメンバーを含めて)交代を使ってほぼ全員出場させたのも慣れさせておく必要性を感じたからです」

【次ページ】 アジア最終予選イコール世界基準ではない。

1 2 3 4 5 6 NEXT
関塚隆
徳永悠平
吉田麻也
鈴木大輔
酒井宏樹
酒井高徳
清武弘嗣
東慶悟
扇原貴宏
宇佐美貴史
永井謙佑
大津祐樹
林彰洋
山口蛍
ロンドン五輪
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ