欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ファンペルシが土壇場で涼しい笑み。
マンUvs.マンC、芸術的だった喧嘩。

posted2020/05/01 19:00

 
ファンペルシが土壇場で涼しい笑み。マンUvs.マンC、芸術的だった喧嘩。<Number Web> photograph by Getty Images

シティ陣営の壁を見極めて、左足一閃。ファンペルシ渾身の一撃はユナイテッドに歓喜をもたらした。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

『Sports Graphic Number』は創刊1000号を迎えました。それを記念してNumberWebでも執筆ライター陣に「私にとっての1番」を挙げてもらう企画を掲載しています! 今回は元『ワールドサッカーダイジェスト』編集長などを務め、現在はプレミアリーグ中継のコメンテイターでもおなじみの粕谷秀樹氏による、最も激しかったマンチェスターダービー回顧録です。

 2012年、プレミアリーグはまだマンチェスター・ユナイテッドの天下だった。

 トッテナムはレドリー・キングが引退し、ルカ・モドリッチはレアル・マドリーに移籍。アーセナルは組織の整備が遅れ、チェルシーはカウンターからポゼッションへの転換期。そして、リバプールは夜が明けていなかった。

 唯一、ユナイテッドに対応しうるのはローカルライバルのマンチェスター・シティだけだった。ダビド・シルバ、サミル・ナスリ、ヤヤ・トゥーレを軸とする中盤、マリオ・バロテッリ、カルロス・テベス、セルヒオ・アグエロを擁する前線は、プレミアリーグどころかヨーロッパでもトップクラスの破壊力だ。

 前シーズンも最終節の後半追加タイムに2ゴールを奪い、奇跡の逆転優勝。ユナイテッドのサー・アレックス・ファーガソン監督(当時)をして、「うるさい隣人」と言わしめるまでに成長していた。

香川らを補強したユナイテッドだが。

「ナメてもらっては困るんだよ」

 2012-13シーズンの開幕前、ユナイテッドのリオ・ファーディナンドは不機嫌だった。メディアの評価はシティが優勝候補最右翼。ユナイテッドは二番手グループのひとつ、という予想が多かったことに腹を立てていたのである。

 ファーディナンドの気持ちはよく分かる。ユナイテッドのキャプテンとして、下馬評でもシティを下回るなんて甘受できない。アーセナルからロビン・ファンペルシを、ドルトムントから香川真司を補強して攻撃力は倍増した。

 ウェイン・ルーニー、マイケル・キャリック、ダレン・フレッチャーも健在だ。ユナイテッドはシティを上回っている、とリオは自信を持っていたに違いない。

 しかし、39歳になるライアン・ギグス、38歳になるポール・スコールズの後継者が育っていなかった。アシュリー・ヤング、トム・クレバリー、アンデルソンでは力不足が過ぎる。したがって、選手層で上回るシティが優勝候補筆頭というメディアの見方は、決して的外れではなかった。

【次ページ】 首位攻防戦のダービーを現地で。

1 2 3 4 NEXT
マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・シティ
ロビン・ファンペルシ
ダビド・シルバ
サミル・ナスリ
ヤヤ・トゥーレ
マリオ・バロテッリ
カルロス・テベス
セルヒオ・アグエロ
アレックス・ファーガソン
リオ・ファーディナンド
ライアン・ギグス
ポール・スコールズ
香川真司
ウェイン・ルーニー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ