草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

プロ野球で22年ぶりの実施なるか。
歴代ダブルヘッダー名勝負10選。

posted2020/04/08 19:00

 
プロ野球で22年ぶりの実施なるか。歴代ダブルヘッダー名勝負10選。<Number Web> photograph by Kyodo News

1988年10月19日近鉄対ロッテ。優勝が絶望的な状況となり、頭をかかえる近鉄ナイン。仰木監督(左)もグラウンドに背を向けた。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 新型コロナの感染拡大が止まらない。2度延期された開幕日は、3度目にしてついに無期限に。プロ野球界も非常に大きな影響を受けている。

 すでに143試合、CS、日本シリーズの完全消化は絶望的な状況であり、にわかに現実味を帯びているのがダブルヘッダーの実施である。セ・パいずれも1998年が最後で、仮に実施されれば22年ぶりということになる。

 草野球をやりたくてもやってはいけない。見に行きたくてもやってもいない。そんな野球ファンのために、せめて「ダブルヘッダーの名勝負10選」をお届けしたい。

トリプルヘッダーで世界記録が誕生。

<第10位> 1999年4月3日
 今となってはお忘れのファンも多いだろうが、当時の東京ドームは巨人、日本ハムのダブルフランチャイズだった。つまり、試合がかぶることもあったが、これが最後の開幕カードかぶり。巨人が昼間、日本ハムが夜というパターンが多かったが、このときは逆。12時33分プレーボールで日本ハムが近鉄に9対0で完勝。19時5分から巨人(こちらは開幕2戦目)は野村克也新監督率いる阪神に4対9で敗れた。ダブルヘッダーではないが、特別にランクイン。

<第9位> 1942年5月24日
 フランチャイズ制導入前の職業野球は、4球団が集まり、1日3試合行うことが多かった。この日も変則トリプルヘッダー。その第3試合に「世界記録」が誕生した。名古屋対大洋はいずれも2試合目だった。延長28回、日没引き分け。名古屋の西沢道夫、大洋の野口二郎ともに完投で、3時間47分で終了した。

<第8位> 1953年年8月9日
 東急対近鉄のダブルヘッダー(後楽園)は、第1試合がなんと延長20回、4時間46分の大熱戦となった。これを5対4で近鉄が制し、第2試合も接戦に。8回に勝ち越した東急が4対3で振り切った。試合終了は午後11時49分。お疲れ様でした。

【次ページ】 地下鉄で移動したサブウェイシリーズ。

1 2 3 NEXT
ダブルヘッダー
ニューヨーク・ヤンキース
松井秀喜
ニューヨーク・メッツ
北海道日本ハムファイターズ
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
読売ジャイアンツ
長嶋茂雄
近鉄バファローズ
梨田昌孝
ラルフ・ブライアント

プロ野球の前後のコラム

ページトップ