プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人・原辰徳監督インタビュー(下)
岡本和真ら若手と新外国人への本音。

posted2020/02/27 20:05

 
巨人・原辰徳監督インタビュー(下)岡本和真ら若手と新外国人への本音。<Number Web> photograph by KYODO

宮崎キャンプで、ブルペンに入り練習を見つめる巨人・阿部二軍監督(左端)と原監督(左から2人目)。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 リーグ連覇、日本一奪回を命題に動き出した巨人・原辰徳監督の復帰2年目シーズン。長年に亘って精神的支柱だった阿部慎之助が昨年限りで引退し二軍監督となり、チームは新たなフェイズに突入した。坂本勇人内野手と丸佳浩外野手と共に打線の軸となる「若大将」岡本和真内野手への期待。新外国人選手のヘラルド・パーラ外野手、育成枠から飛び出してきたイスラエル・モタ外野手、さらに今季こそ1番定着が期待される吉川尚輝内野手らを指揮官は「看板選手に」育てたいという。
 セ・リーグ連覇を狙う2年目の原巨人の構想とはどんなものなのか? その先にある日本一奪回のために、指揮官はどんな青写真を描くのか。原監督直撃インタビューの第2回をお送りする。

看板選手をどれだけ作れるか。

――今年のチームを動かしていく上で、どんなことを考えていますか?

「今年、特に思っていることは看板選手、レギュラー選手をどれだけ多く作れるかということですね。

 例えばスターティングメンバーでも、去年はきちっと決まっているのは3人だけでした。打順に限って言えば、決まっているのは坂本の2番と丸の3番の2人だよね。それで後半になって岡本が4番に入ってくれた。

 その中で亀ちゃん(亀井善行外野手)が1番、あるいは5番といい役割を果たしてくれたけど、その3人を今年は6人ないしは7人……それはちょっと贅沢かな……でも、それくらいの数を作りたいと思っている。

 質の高いレギュラーメンバーを作りたいということです」

――その中心になるのは坂本選手であり、丸選手だと思いますが、4番に座る岡本選手については、今年が真の4番打者への1つのポイントとなるシーズンではないですか?

「岡本もポジションでもバッティングオーダーでも、去年は少し試行錯誤というか、そういうシーズンだったと思います。

 しかし去年の、特に後半の彼の戦いぶりを見たら、今年は三塁のポジションをもう彼に任せるべきだと、三塁固定で考えています。バッティングオーダーにおいても、彼は打つべきところを打つ。4番を任せられるでしょう」

【次ページ】 岡本は「若大将!」になった。

1 2 3 4 5 6 NEXT
原辰徳
阿部慎之助
坂本勇人
丸佳浩
岡本和真
イスラエル・モタ
吉川尚輝
大城卓三
ルビー・デラロサ
アンヘル・サンチェス
読売ジャイアンツ
ヘラルド・パーラ
亀井善行

プロ野球の前後のコラム

ページトップ