プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人・原辰徳監督インタビュー(上)
「“2番・坂本”を今年は投手でやる」

posted2020/02/27 20:00

 
巨人・原辰徳監督インタビュー(上)「“2番・坂本”を今年は投手でやる」<Number Web> photograph by KYODO

3年契約の2年目を迎えた原監督。固定観念を破り「他の人がやってないことをやる」と語る。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 巨人・原辰徳監督の2シーズン目がスタートした。監督復帰1年目の昨シーズンは「2番・坂本勇人」という攻撃的オーダーとともに、大胆な采配、用兵でチームを活性化。見事に沈滞気味だったチームのムードを吹き飛ばして5年振りのペナント奪回を果たした。今季はフリーエージェントでの補強などもなく、現有戦力の底上げが中心で連覇に挑むことになったが、原監督の胸の内にあるV2への秘策とチームにとっては悲願の日本一奪回への思いを直撃した。

戦い方としては何もかもやった。

――勝者として臨む復帰2年目のシーズンとなります。まず原監督ご自身の心境の変化やチームに対するアプローチの変化をお聞かせください。

「去年はチームに形があったとしても、あえてその形を見ずに全く解体してゼロから組み立てるつもりでチーム作りに取り組んだシーズンでした。選手に対しても予断や偏見を一切捨てて、まっさらな気持ち、目線で接した。その中で戦い方としては何もかもやったという感じでしたね」

――坂本選手の2番だけでなく、桜井俊貴投手の先発抜擢など、選手起用も大胆でした。

「先発がリリーフにいったり、リリーフが先発をやったり。慣れないポジションでも、それが勝つためにいい、必要だというなら思い切って使っていきました。

 野手にしてもね……坂本の2番にしてもそう。それでペナントは勝つことができて、チームとしてのある程度の形というものもできた。

 それで秋季キャンプがあって、今シーズンも2月1日にキャンプをスタートして、これからはオープン戦に入っていく。

 去年のいま頃が手探りで、ある部分、観察ということだったとすれば、今年はこの段階で6割くらいの組み立て作業の中から、スタートできている。ということはその分は強くなっていると思いますよ(笑)」

【次ページ】 怒った回数もコーチに対しての方が多い。

1 2 3 4 5 NEXT
原辰徳
坂本勇人
桜井俊貴
元木大介
宮本和知
菅野智之
C.C.メルセデス
読売ジャイアンツ
エンジェル・サンチェス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ