プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

内藤哲也vs.KENTA「最後の2冠戦」。
王者の防衛計画と失敗した男の企み。
 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2020/01/28 20:00

内藤哲也vs.KENTA「最後の2冠戦」。王者の防衛計画と失敗した男の企み。<Number Web> photograph by Essei Hara

2冠のベルト奪取という偉業を成し遂げた内藤哲也。だが、本人の意図に関係なく、タイトルマッチは組まれていく……。

「この会社、潰れかけてたぜ」

 内藤もすぐに返す。

「成功するか、失敗するかはわからない。でも何かを変えたいのであれば、一歩踏み出すことも大事なんじゃないかって、オレは言ったよ。そこを突っ込んでくるあたり、さすが世界を経験した男。もしかして、突き刺さちゃった? 

 でもさ、内藤哲也は新日本っていう大きい会社にずっと守られている? 本当にそう思ってんの? オレが新日本に入ったころ、この会社、潰れかけてたぜ」

 言いたい放題の2人のやり取りは毎日のように大阪まで続くだろう。すべては……2月9日の結果だけということになるのかもしれないが。

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5
内藤哲也
KENTA
ジェイ・ホワイト
飯伏幸太
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ