プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

内藤哲也vs.KENTA「最後の2冠戦」。
王者の防衛計画と失敗した男の企み。
 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2020/01/28 20:00

内藤哲也vs.KENTA「最後の2冠戦」。王者の防衛計画と失敗した男の企み。<Number Web> photograph by Essei Hara

2冠のベルト奪取という偉業を成し遂げた内藤哲也。だが、本人の意図に関係なく、タイトルマッチは組まれていく……。

「でも、本当にそれでいいの、新日本プロレス」

 日本人で、日本のリングで、今のKENTAのように観客から非難の声を浴び続けるレスラーは他にいただろうか……。筆者は上田馬之助くらいしか思い浮かばない。それくらいKENTAは憎まれ者になったということだ。

 内藤はKENTAの行動を受け入れた形の新日本プロレスに対して、疑問の声を投げかけるのも忘れなかった。

「でも、本当にそれでいいの、新日本プロレス。それでいいの? せめてあの日、1月5日のドームでKENTAが後藤(洋央紀)に勝ったのならわかるけど、後藤に負けておいて、彼の挑戦が認められてしまうという。もうだれでもいいの? だれでも挑戦できるの? その日負けたのに挑戦表明した。じゃあ、挑戦OKですよ、と。こういう変な前例を作ってしまうことが新日本プロレスにとってマイナスになってしまうんじゃないかなあ、と思うんですけれどね。案外即決してきましたからね」

 内藤は新日本プロレスにチクリと苦言を呈して不満とともに、自分の新日本プロレス内における発言権のなさをまた嘆いて見せた。

「それとも、相変わらず、この偉業を達成したオレに、まだこれからも嫌がらせを続けるのか……。

 まあ決まった以上は、大阪城ホールで、2つのベルトをかけてKENTA選手とやらせていただきますよ。でも、ジェイ・ホワイト、飯伏幸太、オカダ・カズチカ、内藤哲也。東京ドームでこの2つのベルトを争った4人に比べたら申し訳ないけれど、彼は3枚ぐらい落ちるんじゃないですか。

 でも、大丈夫。対戦相手はオレですからなんとでもなりますよ。当日リングにさえ上がってくれればね、オレがおいしく料理してやりますよ。一応、世界を経験した男、なんでしょう。その経験を生かしてオレの目の前に立ってほしいですね」

「この会社は、ボクの意見は基本的に通らない」

 内藤は2.9の大阪城ホール大会後は、2つのベルトの防衛戦を同時にやらない意思を持っていることを付け加えた。

「東京ドームで創った(2冠の)伝説ってそんなに軽い言葉じゃないと思うので、ボクは個人的には同時に2本を賭けてやるっていうのは、もうやらなくてもいいかなと。

 余程特別な相手だったら、別かもしれないですけれど。そうじゃなければ、どちらか選んで挑戦してきてください、でオレはいいのかなって、そう思いますよね。

 たとえば、1シリーズで2回タイトルマッチがあってもオレは構わないですよ。たとえばシリーズ開幕戦でインターコンチネンタル王座を賭けて防衛戦をやって、最終戦でIWGPヘビー級王座をかけてやる。そうすると、最初から最後までオレのシリーズですよ。伝説を作ったんだからそれぐらいやらせてくれてもいいでしょう」

 内藤は1本ずつのベルトの防衛戦が理に適っていることを強調した。

「ただ、何度も言いますが、この会社は、ボクの意見は基本的に通らないんですね。なので、あくまでこれはボクの意向であって、新日本プロレスがどうするかはよくわからないですけれど。基本的に2本かけてというのは、やりたくないですね」

【次ページ】 「失敗した男」か「成功できなかった男」。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
内藤哲也
KENTA
ジェイ・ホワイト
飯伏幸太
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ