有料記事一覧ページ新設のお知らせ

セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

イブラ様は迷えるミランを救えるか?
「性悪になって帰ってきたぜ!」

posted2020/01/11 09:00

 
イブラ様は迷えるミランを救えるか?「性悪になって帰ってきたぜ!」<Number Web> photograph by Getty Images

今なおオレ様感全開のイブラヒモビッチ。なお母国では、ライバルクラブへの出資に腹を立てたファンがイブラ銅像の破壊行為に及んだとのこと。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ズラタン・イブラヒモビッチの別荘地に行ったことがある。

 北欧スウェーデンの首都ストックホルムから空路で1時間北上して、さらに雪の壁の中をバスで2時間近く行った先にあるスキーリゾート地だ。黒い針葉樹林の山頂気温はマイナス20度だった。

 陽光明るい昼間に見る空と雪のコントラストに心奪われる一方、しんと静まり返った闇夜の雪山も忘れられない。

「ズラタン? 年末年始の休暇は家族とここで過ごすんだよ。ヘラジカ狩りも好きみたいだからね」と、タクシー運転手。

 しかし今年の元旦、イブラヒモビッチは別荘にはいなかった。

昔みたいにサン・シーロを震わせてやる。

 窮地にある古巣ミランからのラブコールに応じ、ミラノのリナーテ空港に降り立つと、彼は駆けつけたミラニスタたちにこう豪語した。

「俺はまだやる気も自信も情熱も失っちゃいない。昔みたいに(サポーターを歓喜で跳ね飛ばせて)サン・シーロを震わせてやる」

 王様イブラヒモビッチが、セリエAに帰ってきた。

 1月2日にチーム合流した彼は、わずか4日後の第18節サンプドリア戦に途中出場し、再デビューを果たしている。8年ぶりのイタリア復帰となるが、イブラに臆するところはない。

「俺様も自分がもう28歳じゃないことはわかっている。だがな、賢い選手ってのは(年齢とともに)効率のいいプレーにも目覚めるんだぜ。走る距離は少なく、それでいて40mのロングシュートを打ったりとかな……」

 復帰したミランは病んでいる。それも、かなりの重症といっていい。

 11位という2桁順位で年を越したミランの惨状は、目を覆いたくなるばかりだ。

 2019年のラストゲームではアタランタに手も足も出ず、0-5の歴史的大敗を喫した。スカローニ会長以下、首脳陣全員が顔を揃えたゲームでの大失態にクラブ創設120周年の祝賀ムードは吹っ飛び、栄光の歴史も泥にまみれた。

【次ページ】 ボバンが叱責、ドンナルンマは涙。

1 2 3 4 NEXT
ズラタン・イブラヒモビッチ
ACミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ