サムライブルーの原材料BACK NUMBER

被シュートゼロのGK権田修一に聞く。
「90分何を考えた?」

posted2019/10/29 07:00

 
被シュートゼロのGK権田修一に聞く。「90分何を考えた?」<Number Web> photograph by JFA/AFLO

バックパスの処理が主な仕事だったモンゴル戦での権田。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 仕事をしようと思ったのに、やる仕事があまりない。

 じゃあ気楽にしていいかといったらそうじゃない。仕事が突然やってくるかもしれないから、常に気を張っていないといけない。

 一般の仕事に置き換えても、このシチュエーションって結構やっかいですよね?

 10月10日、埼玉スタジアムで行なわれたカタールW杯アジア2次予選のモンゴル戦。日本代表のホーム初戦となったこの試合は6点を奪っての快勝だった。守備にフォーカスすると、被シュートは何とゼロ。国際Aマッチでそんな試合あったかなと頭のなかでさかのぼってみたが、記憶にございません。

 ほぼ相手陣営に押し込んでの“ハーフコートゲーム”。ゴールマウスを守った権田修一に結局、セービングのお仕事は訪れなかった。バウンドして力なく届いた相手のゴールキックをキャッチした場面が1度と、流れたクロスをキャッチした場面が2度あっただけ。あとは味方のバックパスをつなげる経由地としての役割が求められた。

 シュートがまったくこないときのGKって何を考えているのか? 

「リズム」という観点。

 権田はいかなる状況に置かれても、成長の肥やしとしようとする人。きっと何かを得たはずだ、と考えた。

 シュートゼロに抑えたチームメイトの働きに感謝しつつ、「リズム」という観点から彼はこう切り出した。

「15分間とか20分間にシュート1本でもあったほうが(自分の動きの)リズムは出てくるし、そのあとがやりやすいというのは正直あります。守るシーンがあれば勝手に集中できますけど、こういう試合は自分が集中する環境をつくらなきゃいけないですから。シュートのなかった試合をしっかりクリアできたことは自分にとって凄くプラスになったとは思う」

【次ページ】 自陣にいるのは自分だけ。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

権田修一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ