プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人に「昭和の戦略」で敗れた阪神。
CS第2戦の要点は1、2番の編成だ。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/10 12:00

巨人に「昭和の戦略」で敗れた阪神。CS第2戦の要点は1、2番の編成だ。<Number Web> photograph by Kyodo News

阪神に5-2で勝利し、タッチを交わす巨人ナイン。

第2戦以降で修正を加えられるか。

 先発の望月惇志投手が初回に2死から巨人の丸佳浩外野手と岡本和真内野手に連続本塁打を浴び、2回には2死一、二塁から亀井善行外野手と坂本勇人内野手の連打で3点を失った。しかし3回以降は岩貞祐太投手から能見篤史投手、守屋功輝投手とつないで巨人打線を1安打無失点に抑えている。

 なおかつファーストステージで3連投したラファエル・ドリス投手、岩崎優投手の2人に島本浩也投手の中継ぎ陣を休ませ、もちろん守護神・藤川球児投手も登板はなかった。

 そして打線も9回には巨人の守護神、ルビー・デラロサ投手を攻めて2死満塁としてKO。最後は木浪聖也内野手がデラロサを緊急リリーフした左腕・田口麗斗投手の前に三ゴロに倒れてゲームセットとなったが、それでも相手の守護神をマウンドから引きずり下ろした実績は作った。

 そういう意味では矢野監督の語るように、明日へとつながる敗戦であったと言えるのかもしれない。ただ、これを本当に明日へとつなげるためには、この日の戦いから、いかに第2戦以降でチームに修正を加えられるか。

矢野監督の3つの決断。

 それこそまさに「第2戦必勝主義」の最も大事な要素となるはずなのである。

 この初戦で矢野監督は3つの決断をしている。

 1つは先発にプロ4年目で通算1勝、巨人戦には今季1試合(投球回数3回)投げて防御率9.00の望月を送り出したこと。

 2つ目はファーストステージで機能した1番・近本光司外野手をあえて2番に据える攻撃的オーダー編成を行ったこと。

 そして3つ目がファーストステージ初戦で追撃の3ランを放つなどラッキーボーイ的存在だった北條史也内野手を外して大山悠輔内野手を先発ラインナップの7番に入れたことだ。

【次ページ】 「あの並びなら使いやすくなるよね」

BACK 1 2 3 4 NEXT
矢野燿大
近本光司
北條史也
福留孝介
阪神タイガース
原辰徳
中川皓太
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ