JリーグPRESSBACK NUMBER

Jリーグで愛された安英学は今……。
ルーツに恩返しを続ける第二の人生。

posted2019/10/07 11:40

 
Jリーグで愛された安英学は今……。ルーツに恩返しを続ける第二の人生。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

現在は子どもから大学生まですべての年代で指導にあたっているという安英学。

text by

キム・ミョンウ

キム・ミョンウKim Myung Wook

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 厳しい暑さが残る9月初旬――。

 安英学は、東京の駒沢オリンピック公園内にある競技場にいた。在日朝鮮人3世で、北朝鮮代表として2010年南アフリカ・ワールドカップにも出場している元Jリーガーである。

「こうして後輩たちが一生懸命にサッカーする姿を見るのは自分にとって何よりの楽しみですよ」

 グラウンドの看板には「在日朝鮮学生中央体育大会」のハングルの文字。そして旗を掲げるポールには北朝鮮の国旗がなびく。そこは年に一度、各地にある朝鮮学校サッカー部(中学生)の頂点を決める全国大会だった。1996年以降、朝鮮学校は中体連、高体連の主催する全国大会を目指せるようになったが、現在まで続く同大会は全国の在日サッカー少年・少女たちにとっては一大イベントである。

 そんな小さな大会に安英学は毎年、駆けつけている。

「あ! ヨンハ選手だ!」

 試合を終えてスタジアムを出ると、どこからともなく「あ! ヨンハ(英学)ソンス(選手)だ!」と聞こえてきた。20人くらいのサッカー少年たちがそう声を張り上げ、安英学の下に駆け寄っていく。

 2002年にJリーグのアルビレックス新潟でプロデビューを果たした安英学は、その後、名古屋グランパス、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜FCでプレー。当時現役の北朝鮮代表ながらも、Kリーグの釜山アイパーク、水原三星ブルーウィングスにも在籍。そしてW杯出場という夢もかなえた彼に、子どもたちはヒーローを見るかのようなキラキラした目を向けていた。

「もうほとんどの子どもたちのことを知っているんですよ。全国の朝鮮学校に講演にいったり、一緒にサッカーしたりしていますから」

 2017年に現役引退。現在は「育成の現場」でいくつもの顔を持っているという安英学は今、どこに向かおうとしているのか――。

【次ページ】 サッカースクールの運営。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

安英学
アルビレックス新潟
柏レイソル
大宮アルディージャ
横浜FC

Jリーグの前後のコラム

ページトップ