セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

コンテ就任でセリエAの覇権に異変。
冨安はルカクやC・ロナウドと対峙。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/08/24 11:30

コンテ就任でセリエAの覇権に異変。冨安はルカクやC・ロナウドと対峙。<Number Web> photograph by Getty Images

新生インテルの象徴、コンテ監督。古巣ユベントスを知り尽くした男が、王者奪還を虎視眈々と狙う。

冨安のセリエAデビュー。

 今季のセリエAには久しぶりに日本人プレーヤーも帰ってきた。

 日本人初のセンターバックとしてボローニャへ入団したDF冨安健洋は、昨季10位と躍進したチームでEL出場圏を目指す。

 C・ロナウドやルカクといった世界的ストライカーが眼前に立ちはだかり、鉄人キエッリーニ(ユベントス)やリーグ最強DFクリバリー(ナポリ)ら世界最高峰のセンターバックと比較されることが彼の日常になる。

 東京五輪のプレシーズンに、冨安は守備の国の真髄を知るだろう。

10年前、ユーベ8連覇を誰が予想できたか。

 今季は開幕早々、2節で「ラツィオvs.ローマ」と「ユベントスvs.ナポリ」のビッグマッチが実現する。

 4節の「ミランvs.インテル」の後、7節で「インテルvs.ユベントス」が組まれるなど、シーズン序盤から見逃せない目玉カードが目白押しだ。

 タイムマシンに乗って10年前に遡ってみよう――。

 モウリーニョに率いられ、3冠を達成しようとするインテルの黄金時代当時だ。「そう遠くない未来にユベントスが8連覇する」といったら、大笑いされるだろう。アタランタがCLに出る、といってもやはり狂人扱いされたにちがいない。

 時代は変わる。主役たちの顔ぶれが変わり、覇権も必ず動く。

 イタリア半島の夏が終わり、人々の頭から前の首相の名が遠ざかる頃、今季もセリエAの幕が開く。

関連記事

BACK 1 2 3 4
インテル
アントニオ・コンテ
ユベントス
ACミラン
ローマ
ボローニャ
冨安健洋

海外サッカーの前後の記事

ページトップ