ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

オシムが辛口で振り返るCL決勝。
「あったのは厳格な規律だけだった」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/05 08:00

オシムが辛口で振り返るCL決勝。「あったのは厳格な規律だけだった」<Number Web> photograph by Getty Images

結果的にはPKで決勝点をマークしたサラーだったが、90分間通じてのプレーを見ると本来の力を発揮したとは言い難い。

両チームとも祝福されてしかるべき。

――確かに……。

「今、リバプールの選手たちが表彰されているのを見ている。リバプールはもちろんだがトッテナムの選手も祝福されてしかるべきだ。彼らがここまで成し遂げてきたことは確かに称賛に値する。

 古豪とはいえ今日のヨーロッパではほとんど無名だったチームが、ここ数年目覚ましい進歩を遂げてここまで到達した。監督もそうだ。今では多くのメディアや専門家がトッテナムを評価している。われわれも彼らのように向上できると。

 選手にしても、トップ・オブ・トップのビッグネームは必要ない。よく走ってよく戦い、優れたプレーができる質の高いディシプリンに溢れたプロフェッショナルなグループを作ることができればそれでいいと、彼らを見て思えるようになった。

 そんな風にして日本のサッカーも進歩していけばいい。試合に必要なディシプリンなどを追求していく。小さなミスを際限なく繰り返すようではダメだ。

 ミスをなくすために、真剣になりすぎることはない。学ぶべきはそうしたことで、ヨーロッパのトップでは、自己満足のためにプレーしている選手はひとりもいないのだから。だが日本に、まだ個人主義者が多いとしたらよくないことだ。

 選手を見ていて言えることは、どんな選手を獲得すればいいかという問いの答えは簡単だ。明確で間違いようがない。そうだろう。

 悪いが今日はここまでだ。サリュ」

――メルシー、イバン。

関連記事

BACK 1 2 3 4
イビチャ・オシム
リバプール
トッテナム
モハメド・サラー
ハリー・ケイン
クリスティアン・エリクセン
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ