欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

伊東純也のルーツをベルギーで直撃。
「プロの壁を感じたことはなかった」

posted2019/05/04 11:30

 
伊東純也のルーツをベルギーで直撃。「プロの壁を感じたことはなかった」<Number Web> photograph by Kohei Kikuchi

ベルギーで取材に応じた伊東純也。「IJ」のニックネームで愛されたレイソル時代のような突破をベルギーで見せてほしい。

text by

菊池康平

菊池康平Kohei Kikuchi

PROFILE

photograph by

Kohei Kikuchi

 伊東純也のベルギーでの評価が日に日に高まってきている。

 アジアカップ終了後の2月にベルギーリーグ1部の強豪であるヘンクへの移籍を果たした。そして現在プレーオフ1で首位を走るヘンクの中で、伊東は4試合連続でスタメン出場を果たしている。4月14日には昨年の覇者クラブ・ブルージュ戦でアシストを記録し、勝利に貢献。また5月3日のアントワープ戦では今季3点目となるゴールを決めるなど、中心選手としての信頼を得ている。

 3月上旬、伊東がベルギーの地に慣れようと奮闘している頃、彼のこれまでのキャリアを聞く機会を得た。初対面ということで少しの緊張感を持ちつつ、待ち合わせ場所のカフェで最後の予習に臨んでいると、伊東が現れた。

プロ入り後、試合に出続けた。

「ヴァンフォーレ甲府でプロになって1年目には30試合に出場したので、始めの数試合くらいは出てなかったと思います。2年目は33試合、3年目は34試合、4年目は34試合出場したので、4年間で5試合以外は全部に出場しています」

 伊東はどちらかというと寡黙なタイプである。しかし自身のキャリアについて流暢に話し始めると、思わず“正解!”と言いたくなるほど驚いた。取材に臨むために記憶したデータが、彼の頭の中からはすぐに出てきたのだ。

 伊東がそらんじたのは、甲府と柏に所属していた計4年間のリーグ戦の出場試合数だ。イエローカードやレッドカードでの出場停止を受けたことはない。またポジションやプレースタイル的にファウルされることが多い中で、長期離脱するような大ケガはこれまで負っていない。

 ちなみに何かコンディショニングを気を付けているのか、と聞いてみたところ「寝るのは好きで毎日9時間くらいは寝るようにしています。食べ物はストレスがないように、普通に選んで食べています」と、特別なことはしていないという。これもまた驚かされたが、怪我をしないということも才能のひとつだし、J1、ベルギーリーグへと順調にキャリアを伸ばせた要因だろう。

 この男には挫折という言葉がないのだろうか?

 そんな思いが頭をもたげ、幼少からここまでのキャリアの歩みを聞きたくなった。

【次ページ】 中学入学前が「唯一の挫折かな」。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊東純也
ヴァンフォーレ甲府
柏レイソル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ