ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!BACK NUMBER

GK大国ドイツが抱える後継者問題。
ノイアーの後釜はニュベルだけか?

posted2019/05/04 10:00

 
GK大国ドイツが抱える後継者問題。ノイアーの後釜はニュベルだけか?<Number Web> photograph by Getty Images

シャルカーにとって最後の希望になりつつあるアレクサンダー・ニュベル。移籍も噂されているが……。

text by

遠藤孝輔

遠藤孝輔Kosuke Endo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 そう遠くない将来、ドイツがワールドクラスのGK不在という問題に直面するかもしれない。よりによってドイツが? そう首を傾げる読者が大半だろう。

 周知の通り、ドイツには連綿と連なる名GKの系譜がある。ゼップ・マイヤー、ハラルト・シューマッハー、ボド・イルクナー、アンドレアス・ケプケ、オリバー・カーンは、いずれも現役時代に世界ないしはヨーロッパを代表する名手として名を馳せた。

 彼らの後継者であるマヌエル・ノイアーやマルク・アンドレ・テア・シュテゲンも正真正銘のワールドクラスである。

 問題は1992年生まれのテア・シュテゲンより下の世代に「超」が付くほどの有望株が“1人”しか見当たらないことだ。

 '93年生まれのティモ・ホルンと'94年生まれのユリアン・ポラースベックは10代の頃から将来を嘱望されてきたが、ともに2部所属(前者がケルン、後者がハンブルガーSV)で、チャンピオンズリーグなどハイレベルな舞台での経験が不足する。これから同世代のテア・シュテゲンを蹴落とすほどの急成長に期待するのは酷だろう。

シャルケのニュベルは別格の存在。

 '95年生まれの代表格は、かつてシャルケのゴールマウスを預かったティモン・ベレンロイター(現ヴィレムII)とニュルンベルクの守護神ファビアン・ブレッドロウ。

 お世辞にもノイアー、テア・シュテゲン級とは言い難く、ベルント・レノ(アーセナル)やロン・ロベルト・ツィーラー(シュツットガルト)、ケビン・トラップ(フランクフルト)あたりと比較できるタレントでもない。キャリアの最高到達点は中堅クラブの正GKが関の山か。

 さらに下の世代に目を向けると、前述の“1人”がようやく登場する。シャルケのアレクサンダー・ニュベルだ。今年1月に主将の実力者ラルフ・フェールマンから定位置を奪った'96年生まれの逸材で、チームの低迷に鬱憤を募らせるシャルカー(シャルケの熱狂的なファン)たちにとって、ほぼ唯一と言える希望になっている。なにしろ一部のファンから「選手は全員出ていけ! ただし、ニュベル以外だ」との声が上がっているほどだ。

【次ページ】 ノイアーと比べられるモダンな能力。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

マヌエル・ノイアー
マルク・アンドレ・テア・シュテゲン
アレクサンダー・ニュベル

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ