Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ルメールが語る'05年の有馬記念。
最強ディープにあった「隙」とは。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKatsutoshi Ishiyama

posted2018/12/06 16:30

ルメールが語る'05年の有馬記念。最強ディープにあった「隙」とは。<Number Web> photograph by Katsutoshi Ishiyama

圧倒的な人気のディープインパクトに勝利したルメールとハーツクライ。その戦略は綿密なものだった。

先行策で得ていた手応え。

 中山競馬場につめかけた大観衆が待ちに待ったゲートが開く。

 ハーツクライは集中してスタートを決めると、すぐにルメールは作戦通りに先行、3番手にいざなった。作戦を知らされていなかった鎌田はそれを見て驚いたという。

「スタートしたら前にいるから『え!?』って思いました。その後はずっと『大丈夫かなぁ……』と見つめていましたよ」

 道中、タップダンスシチーが逃げ、オースミハルカがそれに続き、ハーツクライは3番手集団を進む。ディープインパクトは最後方から外を回り、少しずつ位置を上げていった。鞍下から伝わってきた感触を、ルメールはこう表現する。

「終始良い手応えで、気持ちよく走っていましたね」

 結局、その手応えは鈍ることなく、直線へ向いた。鎌田は言う。

「直線に向くとハナに立ったけど、ディープインパクトが3コーナーから徐々に来ているのが分かった。大歓声が上がったし『やっぱり……』と思いつつ、『頑張ってくれ!』と、もう願うように見ていましたね」

チラッと豊さんが見えた。

 ルメールの耳にもそのスタンドの声は聞こえていた。

「歓声がひと際、大きくなったのでディープが来たんだと思いました。その後、実際にチラッと豊さんが見えたんです。後はハーツに『彼が来ているよ!』と伝えながら必死で追いました」

 結果は、ご存知の通り。半馬身差でハーツクライが押し切り、ルメールが描いた打倒ディープインパクトのシナリオが見事に完結した。

 ルメールは今、レースをこう振り返る。

「当たり前のことですが、強い馬を破ろうと思ったら、相手の弱点と自分の馬が優っている点を考えるのは大切。それがとてもうまくいったんです。この有馬記念は僕にとって、大きな自信になりました」

【次ページ】 ハーツクライは今でも特別。

BACK 1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリストフ・ルメール
武豊
ハーツクライ
ディープインパクト

競馬の前後のコラム

ページトップ