Sports Graphic NumberBACK NUMBER

ルメールが語る'05年の有馬記念。
最強ディープにあった「隙」とは。 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph byKatsutoshi Ishiyama

posted2018/12/06 16:30

ルメールが語る'05年の有馬記念。最強ディープにあった「隙」とは。<Number Web> photograph by Katsutoshi Ishiyama

圧倒的な人気のディープインパクトに勝利したルメールとハーツクライ。その戦略は綿密なものだった。

ハーツクライは今でも特別。

 史上最強馬を相手に勝利を挙げ、大きな自信を手にしたルメールは、'15年にJRAの騎手免許試験に見事合格し、ミルコ・デムーロと共に外国人として初めて通年免許を取得する。昨年は199勝を挙げてリーディングジョッキーの座を獲得。今季も前述のような快進撃で、GI勝利を21に積み上げている。

 ハーツクライも翌'06年にはドバイへ遠征し、ドバイシーマクラシック(GI)を逃げ切って制覇。同年に現役を引退すると、種牡馬としても、ジャスタウェイ('14年ドバイデューティーフリーほか)やワンアンドオンリー('14年日本ダービーほか)など次々とGI馬を輩出しているのは周知の通りだ。

 ディープインパクトに乗っていた'05年の武豊以来、2人目の年間200勝を目前に、トップジョッキーはこう言った。

「初めて日本のGIを勝たせてくれて、『ここでもやっていける』自信をくれた。だから、ハーツクライは今でも自分にとって特別な馬なんです」

(Number967号『クリストフ・ルメール 最強ディープを倒した秘策。』より)

日本代表 僕らの時代。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 967

日本代表 僕らの時代。

【三銃士の肖像】 南野拓実「新エース誕生」/堂安律「俺の野望」/中島翔哉「10番の創造主」
大迫勇也「“ハンパない”伝説」
【炎の守護神 引退】 川口能活 1994-2018
【カンボジア代表密着】 監督・本田圭佑

定価:本体546円+税目次ページへ

コメント

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

クリストフ・ルメール
武豊
ハーツクライ
ディープインパクト

競馬の前後のコラム

ページトップ