フランス・フットボール通信BACK NUMBER

仏誌でハリルホジッチが独占告白。
ナント復活の手応えと日本の思い出。 

text by

レミー・ラコンブ

レミー・ラコンブRemy Lacombe

PROFILE

photograph byBernard Le Bars/L'Equipe

posted2018/12/04 17:00

仏誌でハリルホジッチが独占告白。ナント復活の手応えと日本の思い出。<Number Web> photograph by Bernard Le Bars/L'Equipe

フランスにおけるヴァイッド・ハリルホジッチの栄光は揺るぎない。ナントで再び指揮官としての栄光を掴めるか?

「街の人達はいつも私の味方だ」

「しかし……私は選手を殴ったことも侮辱したことも一度もないし、彼らへの敬意を失くしたこともない。

 ドログバやパウレタ、ヤヤ・トゥーレといった選手たちとも何の問題もなかった。

 嫌いな選手と一緒に練習することは私にはできないのだが、そういう場合でも、私は選手に向かって直接どうして評価できないかを言うようにしていた。

 私は何事からも自立したひとりの人間だ。自立し続けるには常に対価を支払う必要がある。

 それに……家族は私がフランスに戻ったのを喜んでいるようだ。家族こそは最も大きな力の源だからね」

――現代サッカーにおける、所謂“ビッグクラブ”を指揮した経験がまだ一度もありませんが?

「その通りだ。チャンピオンズリーグ優勝を目指すクラブで指揮するのは私の目標だったし、自分にその力があるとも思っている。だがその経験がなくとも、今すでに1500ページの自伝を書くことができる。

 喜びのひとつは、リールでもアルジェリアでも街ゆく人々が私を呼び止めて感謝の意を示してくれることだ。レンヌではクラブのサポーターたちが私を祝福してくれた。街の人々はいつでも私の味方だし、評価してくれているよ」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
ヴァイッド・ハリルホジッチ
ナント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ